国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
コンテンツに移動します

バリアフリー情報|国立病院機構熊本医療センター

separator

バリアフリー情報

平成27年11月1日現在
分類
項目
設置の有無
説明
駐車場駐車場駐車場がある
車いすマーク駐車場障がい者等が利用できる駐車区画がある
敷地内通路
(建物前)
平坦建物の主な外部出入口前が平坦
スロープ建物の主な外部出入口前などにスロープがある
主な外部出入口自動ドア建物の主な外部出入口が自動ドアである
トイレ洋式トイレ洋式トイレがある
おむつ交換台乳幼児のおむつを交換できる台がある
車いす使用者利用トイレ障がい者対応トイレ(車いすで利用できるトイレ)がある
オストメイト対応トイレオストメイト対応トイレがある
誘導案内視覚障がい者誘導用ブロック敷地内通路や建物内部に視覚障害者誘導用ブ ロックがある
音声誘導・音声案内音声誘導装置や音声案内装置がない
点字案内板
点字による触知案内板がない
昇降設備エレベーター一般用のエレベーターがある
車いす対応エレベーター車いす使用者対応のエレベーターがある
点字・音声付エレベーター点字表示または音声案内付エレベーターがある
その他車いす貸出貸出用車いすがある
授乳室授乳室がある
AEDAED(自動体外式除細動器)を設置している
separator

身体障害者補助犬について

盲導犬
身体障害者補助犬は、目や耳や手足に障害のある方の生活をお手伝いする、「盲導犬」・「聴導犬」・「介助犬」のことです。当院では、身体障害者補助犬をご使用される方が安心して当院をご利用していただけるよう、ご理解とご協力をお願いしております。
しかしながら、当院には様々な症状の方が受診されており、特に免疫力・抵抗力が低下している患者様や、アレルギーをお持ちの患者様など影響が出る可能性がある方も多数来院されております。そこで、身体障害者補助犬をご使用される方の来院に関して、以下の通り一定の制限を設けさせていただいております。
院内への身体障害者補助犬の帯同範囲は、次の範囲とさせていただきます。
帯同できる範囲
<外来>
正面玄関、待合室、診察室、ホスピタルストリート、エレベーター
<病棟>
デイルーム
※入院の場合、原則補助犬の帯同はご遠慮いただいております
帯同できない範囲
・手術室、無菌室、栄養管理室、中央材料室、放射線部門
・病室(お見舞いの場合、入院受付・時間外受付にお声をお掛けください)
また、お近くにアレルギーをお持ちの患者様がいる場合や、犬を怖がる方がいる場合など、状況を判断して帯同をお断りする場合があります。その他ご不明な点は、総合案内や当院職員にお気軽にお尋ねください。
ほじょ犬
画像をクリックするとPDFが開きます
国立病院機構熊本医療センター
860-0008 熊本県熊本市中央区二の丸1-5
TEL:096-353-6501 FAX:096-325-2519
国立病院機構熊本医療センター
コンテンツに戻る