国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
コンテンツに移動します

X線撮影|診療放射線科|国立病院機構熊本医療センター

separator1

診療放射線科

separator1

X線撮影

X線を身体に照射し、通過するX線の量の差を利用した検査で、一般にレントゲン撮影といわれるものです。一般撮影では、胸部・腹部・体幹部・四肢・頭部など体の様々な場所を撮影します。また、マンモグラフィ検査やパントモ撮影、骨塩定量検査なども行っています。
当院ではFPD装置(Flat Panel Detector)、CR装置(Computed Radiography)というコンピューターを使ってX線画像を作成するシステムを使用しています。各撮影部位に適した濃度になるように様々な画像処理が可能で、診断能の高い画像を提供することができます。
FPDおよびCRシステム
X線撮影
separator1

検査内容

胸部・腹部、骨撮影
胸部撮影では肺炎などの胸部疾患の有無や心臓の大きさなどを知ることができ、腹部撮影では腸のガスの有無を確認したり、腹部臓器の様子や胆石、尿管結石などを調べることができます。その他に、骨折・打撲・関節痛などによる四肢撮影や頭部・耳・鼻・脊椎などの撮影があります。
より詳しく検査する為に、同じ部位を多方向から数回撮影することがあり、撮影部位によって体位や撮影方法がさまざまです。その都度、担当技師が説明しますので、その指示に従ってください。
検査時間は撮影部位によって異なりますが、5~20分程度です。
胸部撮影風景
X線撮影
ポータブル撮影
X線撮影
胸部写真
X線撮影
マンモグラフィ検査
マンモグラフィ検査は乳房X線撮影とも呼ばれ、触診でもわからない小さな腫瘍や微細な石灰化を描出することができるため、早期の乳がんを発見することができます。病変をよりわかりやすく描出するために、乳房を均一の厚さに圧迫して撮影します。
また、当院では患者様に安心して検査を受けていただくため、検査は女性技師が担当しています。検査時間は20分程度かかります。
マンモグラフィ風景
X線撮影
乳房写真
X線撮影
パントモ撮影
パントモ撮影は、主に歯全体の様子や顎関節、上下顎骨の状態を観る目的で行います。装置が頭の周りを一周しながら撮影するため、撮影中は動かないようにしていただきます。検査時間は5分程度です。
パントモ撮影風景
X線撮影
パントモ写真
X線撮影
骨塩定量検査
X線を用いて腰椎または前腕の骨の骨密度を測定することにより、骨粗鬆症等の診断を行います。検査は仰向け(腰椎の場合)や座位(前腕の場合)にて行い、検査時間は20分程度かかります。
骨塩定量検査風景
X線撮影
separator1

注意事項

  • 撮影時には、ボタンや金具のついた衣服、アクセサリー、シップ、カイロ、エレキバンなど診断の障害になるものは、はずしてもらいます。なお、撮影部位により脱衣や検査衣に着替えていただくことがあります。
  • 検査中は正確な位置合わせを行う為、体に触れる場合があります。触れる前には説明しますので、ご協力お願いします。
  • 検査内容、撮影室の状況により、検査順が前後することがございます。
  • ご不明な点がありましたら、画像診断センタースタッフにお尋ねください。
separator1

一般撮影における放射線技師の役割

患者さまの病気診断に有効な最良の画像を各診療科に提供する役割を担っており、最適で、かつ患者さまにとって苦痛の少ないポジショニング(位置合わせ)を行い、検査目的にあった適切な画像処理を決定し、X線画像を作成しています。また、被ばくが最小限に収まるように撮影条件を決定し、撮影しています。
国立病院機構熊本医療センター
860-0008 熊本県熊本市中央区二の丸1-5
TEL:096-353-6501 FAX:096-325-2519
国立病院機構熊本医療センター
コンテンツに戻る