国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
コンテンツに移動します

自費診療外来|形成外科|国立病院機構熊本医療センター

separator1

診療部

separator1

自由診療外来

毎週木曜日に自由診療外来(自費診療)を行っています。レーザー治療や巻き爪のワイヤー治療、美容外科に関する相談を受け付けています。一般的にレーザー治療と言っても、目的・用途によって使い分ける必要があります。当院ではQスイッチ付ルビーレーザーを導入しており、治療可能な疾患は下記をご覧ください。疾患によっては保険診療可能な場合もあります。
Qスイッチ付ルビーレーザーで治療可能な疾患
保険適応
保険適応外
  • 太田母斑(遅発性太田母斑)
  • 外傷性色素沈着
  • 異所性蒙古斑
  • 扁平母斑
  • 老人性色素斑(シミ)
  • 雀卵斑(そばかす)
  • 刺青
など
巻き爪、陥入爪の治療
巻き爪を一言で表現すると、爪が湾曲することです。それだけでは特に症状はありませんが、湾曲した爪が皮膚に食い込み始めると痛みが出たり、化膿したりします。その状態を陥入爪と言います。治療方法としては、手術療法、ワイヤー治療、テーピングや弾性素材による対症療法等があります。簡単な比較を掲載します。

手術療法
ワイヤー治療対症療法
種類
フェノール法
爪形成(単純、複雑)
マチワイヤー
3TO(VHO)
テーピング
チュービング
保険
適応
適応外(一部適応)
適応
痛み
麻酔有り
処置後の痛み有り
麻酔は症例次第
処置後の痛み無し
麻酔無し
処置後の痛み無し
効果
早い
再発有り
遅い
再発有り
早い
根治的な治療では無い
合併症
爪が小さくなる
無し
無し
その他、男性性器の手術(包茎やイボ等)、眼瞼の手術(脂肪除去や二重瞼)、ボトックス治療に関しても相談を受け付けています。お気軽にご来院下さい。ただし内容によっては施行できない手術等もあります。また、救急病院でもあり美容外科での入院は困難な場合があります。
国立病院機構熊本医療センター
860-0008 熊本県熊本市中央区二の丸1-5
TEL:096-353-6501 FAX:096-325-2519
国立病院機構熊本医療センター
コンテンツに戻る