国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
コンテンツに移動します

精神科|国立病院機構熊本医療センター

部門紹介 > 診療部
separator1

精神科

separator1

精神科部長あいさつ

山下建昭
現在、常勤の精神科医2名、非常勤の精神科医3名、外来診療の応援や夜間オンコール応援の精神科医4名、常勤の公認心理師2名、精神保健福祉士3名、精神科医療秘書1名、精神科病棟スタッフなどと共に日々の診療に当たっています。

自傷・自殺を中心とする精神科救急に関しては、再企図防止のために多職種による継続支援活動を行っております。精神障害者の合併症治療に関しては、主に当院救命センターや精神科病棟に入院していただき、各科の医療スタッフとの連携・協力を密にして、身体疾患の治療に対応しております。さらにリエゾンチーム活動を通して一般病棟における精神症状に対するケアや緩和ケア活動への協力も行っております。

精神科部長 橋本聡
separator1

診療内容・特色

精神病床50床を有する総合病院の中の精神科であり、当院の他科との連携を密にして精神障害と身体障害を同時に有する合併症患者の治療を特に力を入れて行っております。また、本邦における公衆衛生上の重大問題である自殺企図および自傷行為に対しても、身体的対応が一段落した後、もしくは同時に精神科的に介入することで再発防止や問題解決に当たっております。精神科リエゾンチーム活動により、一般病棟における精神症状を有する患者の対応も行っております。2022年度より、一般外来での診療は縮小し、かかりつけ対応を廃止する一方で、自殺危機介入、当科治験患者、各科と密な連携が必要な精神疾患の外来診療に注力してまいります。
separator1

症例数・治療・成績

2021年度
• 精神科救急患者数 775名
• 精神科入院患者数 494名(新入院:353名、他病棟からの転入:141名)        
• 精神科病棟平均在院日数 23.2日
• 精神科外来新患数 359名
• 一日平均外来患者数 22.2名
精神科実績
separator1

スタッフ紹介

職名
氏名
免許取得年
専門医
所属学会
など
専門分野
診療部長
精神科リエゾンセンター長


ヤマシタ ケンショウ
山下 建昭

昭和58年
精神保健指定医
日本精神神経学会
精神神経一般
うつ病
緩和ケア
リエゾン精神医学
精神科部長
救命救急科副部長
精神科救急医療センター長

ハシモト サトシ
橋本 聡

平成13年
精神保健指定医
日本精神神経学会専門医・指導医
日本精神科救急学会 暫定指導医
日本総合病院精神医学会 特定指導医
日本臨床救急医学会
日本救急医学会 専門医
日本集中治療医学会
日本蘇生学会
日本中毒学会
日本航空医療学会
精神神経一般
パーソナリティ障害
リエゾン精神医学
精神科救急
精神科医師

ミスミ マサヒロ
三角 雅裕

平成27年
日本精神神経学会
精神神経一般
精神科医師

ヤマグチ ユウスケ
山口 祐介

平成28年
日本精神神経学会
精神神経一般
精神科医師

ワダ ヒロトシ
和田 浩稔

平成29年
日本精神神経学会
精神神経一般
心理療法士

ハマノ マナブ
濱野 学
公認心理師
臨床心理士
(日本臨床心理士資格認定協会認定)
日本心理臨床学会
日本臨床救急医学会
熊本県臨床心理会
心理検査 一般
心理療法
精神分析的心理療法
精神科救急
緩和ケア
職場のメンタルヘルス
心理療法士

ヤマムラ カノコ
山村佳乃子

公認心理師
臨床心理士(日本臨床心理士資格認定協会認定)
日本心理臨床学会

心理検査 一般
心理療法 
緩和ケア
職場のメンタルヘルス

separator1

今後の目標・展望

最近の、高齢化社会や、複雑化を続ける社会の中で学校、職場、家庭等の各場面で「こころ」の問題が重要視されてきており、精神科的問題をかかえる例が増加してきております。当科では院内他科および院外の医療施設と密接に連携することで、救急医療を中心とした治療を行いたいと思っております。また、患者様に対しては単に病気だけの治療にとどまることなく、心身両面から全人的にみていくという、当科の伝統を守っていきたいと考えております。
国立病院機構熊本医療センター
860-0008 熊本県熊本市中央区二の丸1-5
TEL:096-353-6501 FAX:096-325-2519
コンテンツに戻る