国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
コンテンツに移動します

病院概要|国立病院機構熊本医療センター

separator1

病院概要説明動画

separator1

概況

名称
国立病院機構 熊本医療センター
英語表記
National Hospital Organization Kumamoto Medical Center
所在地
〒860-0008 熊本市中央区二の丸1番5号
電話番号
096-353-6501(代表)
FAX番号
096-325-2519
幹部職員
院長
髙橋 毅(たかはし たけし)
副院長
橋本 伸朗(はしもと のぶろう)
副院長
日髙 道弘(ひだか みちひろ)
臨床研究部長
富田 正郎(とみた まさお)
統括診療部長
宮成 信友(みやなり のぶとも)
事務部長 兼 院長補佐
姉川 俊也(あねがわ としや)
看護部長 兼 院長補佐
泉 早苗(いずみ さなえ)
薬剤部長
中川 義浩(なかがわ よしひろ)
主な機能
  • 救命救急センター(救急告示病院、病院群輪番制病院)
  • 災害拠点病院(地域災害医療センター)
  • 地域がん診療連携拠点病院
  • 精神科救急医療施設
  • 開放型病院
  • 地域医療支援病院
  • 臨床研修指定病院
  • 骨髄移植実施施設
  • 国際医療協力基幹施設
  • 熊本県地域救急医療体制支援病院
医療法承認病床数
550床(一般500床・精神50床)
標ぼう診療科総合診療科、内科、腎臓内科、血液内科、腫瘍内科、糖尿病・内分泌内科、呼吸器内科、感染症内科、消化器内科、循環器内科、脳神経内科、外科、頭頸部外科、呼吸器外科、心臓血管外科、脳神経外科、小児外科、整形外科、形成外科、精神科、リウマチ科、小児科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線科、病理診断科、救急科、麻酔科、歯科・歯科口腔外科、放射線治療科

職員数(令和2年4月1日時点)



常勤非常勤
医療職(一)
院長
1
1
副院長
2
2
部長
14
14
医長
31
31
医師
56
56
非常勤医師・歯科医師

99
レジデント

2626
専攻医

22
臨床研修医

3838
小計
10475179
医療職(二)
薬剤部長
1
1
薬剤師
30
30
診療放射線技師
25
25
臨床検査技師
28634
栄養士
718
理学療法士
8
8
作業療法士
2
2
言語聴覚士
2
2
臨床工学技士
9
9
視能訓練士
112
心理療法士
1
1
歯科衛生士
134
小計
11511126
医療職(三
看護部長
1
1
副看護部長
3
3
看護師長
17
17
副看護師長
40
40
助産師・看護師
54117558
小計
60217619
事務職
事務部長
1
1
課長・室長
3
3
班長・専門職
3
3
係長
6
6
一般職員
1497111
小計
2797124
診療情報管理職
診療情報管理士
527
技能職
技術職員
23941
福祉職
医療社会事業専門員
5
5
教育職
教育主事
1
1
教員
8
8
教務助手

11
小計
9110
合計8692421,111

熊本医療センター附属看護学校


1年2年3年
看護学科443940123
separator1

概要および特色

  • 本院は、明治4年8月に設置された鎮西鎮台病院を前身とし、衛戌病院、熊本第一陸軍病院を経て昭和20年12月1日に厚生省に移管され国立熊本病院、平成16年4月1日に独立行政法人国立病院機構熊本医療センターとなり現在に至っています。
  • 標榜診療科数34、病床数550床の高度総合診療施設であり、国際医療協力、長寿医療の基幹施設でもあります。
  • 各診療科の連携を密にし総合的な診療に努め、特に、がん、循環器、内分泌・代謝、感覚器、精神疾患、骨・運動器疾患、及び難病、救命救急医療に力を入れるとともに、骨髄移植をはじめとする高度先進医療に積極的に取り組み、受診者は県外からも多く、広域にわたっています。クリティカルパスに積極的に取り組み、医療の質の向上に努めています。
  • また、地域の中核病院として開放型病院、地域医療支援病院としての運用を行い、地域の医療機関との医療連携を推進しています。
  • 教育・研修、臨床研究、国際医療協力を推進している病院です。
  • 臨床研修指定病院として、研修医・専門医・レジデントの教育に当たるとともに、当院地域医療研修センターにおける研修には、年間延べ、40,000名を超える医師をはじめとする医療従事者の参加があり、また、海外から毎年約30名の留学生が来院し国際性に富んでいます。附属看護学校では高度先進医療、国際医療協力にも活動できる優れた人材の育成に当たっています。
  • この中で、2000年10月にエジプトのスエズ運河大学付属病院と、2002年5月に中国の広西医科大学付属第一病院と姉妹病院締結を行いました。
  • 臨床研究部を中心とした研究活動は、活発で、国際医療協力を主な研究テーマとし、その他各種の臨床研究に積極的に取り組んでいます。
separator1

各センター

救急総合医療センター
  • 総合診療科
  • リウマチ科
  • 血液内科
  • 小児科
  • 小児外科
  • 救急科
がん総合医療センター
  • 腫瘍内科

呼吸器センター
  • 呼吸器内科
  • 呼吸器外科
  • 感染症内科
腎・泌尿器センター
  • 腎臓内科
  • 泌尿器科
消化器センター
  • 消化器内科
  • 外科/消化器外科
心臓血管センター
  • 循環器内科
  • 心臓血管外科
脳神経センター
  • 脳神経外科
  • 脳神経内科
  • 精神科
感覚器センター
  • 眼科
  • 耳鼻いんこう科
  • 頭頚部外科
  • 皮膚科
  • 歯科/歯科口腔外科
女性センター
  • 産婦人科
  • 乳腺外科
外傷・運動器センター
  • 整形外科
  • リハビリテーション科
  • 形成外科
画像診断・治療センター
  • 放射線科
  • 放射線治療科
中央診療部
  • 麻酔科
  • 病理診断科
separator1

組織図

令和元年9月1日現在
組織図
separator1

特殊機能

エイズ拠点病院
救命救急センター
救急告示病院
病院群輪番制病院
災害拠点病院(地域災害医療センター)
地域がん診療連携拠点病院
精神科救急医療施設
開放型病院
地域医療支援病院
へき地中核病院
臨床研修指定病院
臨床修練指定病院
都道府県腎移植施設
重症難病患者入院施設確保事業協力病院
理学療法施設
臨床研究部
腎センター
骨髄移植実施施設
難病(腎)関連施設
地域医療研修センタ
国際医療協力基幹施設
長寿医療基幹施設
日本心血管インターベンション治療学会研修施設
応急入院指定病院
熊本県地域救急医療体制支援病院
乳房再建インプラント実施施設
日本高気圧環境・潜水医学会認定病院
separator1

学会認定・専門医教育施設の指定

日本麻酔科学会
日本血液学会
日本皮膚科学会
日本救急医学会
日本循環器学会
日本形成外科学会
日本集中治療医学会
日本糖尿病学会
日本臨床腫瘍学会
日本内科学会
日本小児科学会
日本超音波学会
日本消化器病学会
日本外科学会
日本泌尿器科学会
日本消化器内視鏡学会
日本消化器外科学会
日本産科婦人科学会
日本肝臓学会
日本プライマリ・ケア学会
日本眼科学会
日本腎臓学会
日本医学放射線学会
日本脳卒中学会
日本乳癌学会
日本神経学会
日本消化管学会
日本耳鼻咽喉科学会
日本病理学会
厚生労働省臨床研修指定病院
日本脳神経外科学会
日本放射線腫瘍学会
厚生労働省臨床修練指定病院
日本胸部外科学会
日本整形外科学会
骨髄移植推進財団指定病院
日本高血圧学会
日本リウマチ学会
日本透析医学会
日本呼吸器学会
日本動脈硬化学会
三学会構成心臓血管外科
日本婦人科腫瘍学会
日本熱傷学会
日本精神神経学会
日本緩和医療学会
日本高気圧環境・潜水医学会
日本航空医療学会
separator1

施設基準承認事項

厚生労働大臣が定める施設基準に適合しているものとして、当院が九州厚生局長に届出を行い、承認を受けている事項は以下の通りです。
2020年5月1日現在
基本診療料
急性期一般入院基本料1
精神病棟入院基本料(10:1)
総合入院体制加算2
救急医療管理加算
超急性期脳卒中加算
妊産婦緊急搬送入院加算
診療録管理体制加算2
医師事務作業補助体制加算1(20:1)
急性期看護補助体制加算(50:1)
療養環境加算
重症者等療養環境特別加算
無菌治療室管理加算1
無菌治療室管理加算2
緩和ケア診療加算
精神科応急入院施設管理加算
精神科身体合併症管理加算
精神科リエゾンチーム加算
栄養サポートチーム加算
医療安全対策加算1
(医療安全対策地域連携加算1)
感染防止対策加算1
 感染防止対策地域連携加算
 抗菌薬適正使用支援加算
患者サポート体制充実加算
褥瘡ハイリスク患者ケア加算
ハイリスク妊娠管理加算
精神科救急搬送患者地域連携受入加算
呼吸ケアチーム加算
後発医薬品使用体制加算1
病棟薬剤業務実施加算1
病棟薬剤業務実施加算2
データ提出加算2
入退院支援加算1
認知症ケア加算2
せん妄ハイリスク患者ケア加算
精神疾患診療体制加算1
精神疾患診療体制加算2
排尿自立支援加算
地域医療体制確保加算
救命救急入院料3
特定集中治療室管理料2
特定集中治療室管理料4
小児入院医療管理料4
短期滞在手術等基本料1
短期滞在手術等基本料2
特掲診療料
外来栄養食事指導料の注2に規定する施設基準
喘息治療管理料
心臓ペースメーカー指導管理料(注5)遠隔モニタリング加算
がん性疼痛緩和指導管理料
がん患者指導管理料イ
がん患者指導管理料ロ
がん患者指導管理料ハ
外来緩和ケア管理料
移植後患者指導管理料(造血幹細胞移植後)
院内トリアージ実施料
ニコチン依存症管理料
療養・就労両立支援指導料(注3)相談支援加算
開放型病院共同指導料Ⅰ
がん治療連携計画策定料
外来排尿自立指導料
肝炎インターフェロン治療計画料
薬剤管理指導料
検査・画像情報提供加算及び電子的診療情報評価料
医療機器安全管理料1
医療機器安全管理料2
精神科退院時共同指導料2
在宅患者訪問看護・指導料及び同一建物居住者訪問看護・指導料
持続血糖測定器加算(間歇注入シリンジポンプと連動する持続血糖測定器を用いる場合)及び皮下連続式グルコース策定
持続血糖測定器加算(間歇注入シリンジポンプと連動しない持続血糖測定器を用いる場合)
遺伝学的検査
先天性代謝異常症検査
HPV核酸検出及びHPV核酸検出(簡易ジェノタイプ判定)
ウィルス・細胞核酸多項目同時検出
検体検査管理加算(Ⅰ)
検体検査管理加算(Ⅳ)
心臓カテーテル法による諸検査の血管内視鏡検査加算
時間内歩行試験及びシャトルウォーキングテスト
ヘッドアップティルト試験
人工膵臓検査、人工膵臓療法
神経学的検査
コンタクトレンズ検査料1
小児食物アレルギー負荷検査

CT透視下気管支鏡検査加算
画像診断管理加算2
CT撮影及びMRI撮影
冠動脈CT撮影加算
外傷全身CT加算
心臓MRI撮影加算
乳房MRI撮影加算
小児鎮静下MRI撮影加算
頭部MRI撮影加算
全身MRI撮影加算
抗悪性腫瘍剤処方管理加算
外来化学療法加算1
連携充実加算
無菌製剤処理料
心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)
脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅱ)
廃用症候群リハビリテーション料(Ⅱ)
運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
がん患者リハビリテーション料
リンパ浮腫複合的治療料
救急患者精神科継続支援料
医療保護入院等診療料
医科点数表第2章第9部処置の通則の5に掲げる処置の休日加算1
医科点数表第2章第9部処置の通則の5に掲げる処置の時間外加算1
医科点数表第2章第9部処置の通則の5に掲げる処置の深夜加算1
人工腎臓
導入期加算1
透析液水質確保加算及び慢性維持透析濾過加算
皮膚移植術(死体)
組織拡張器による再建手術(乳房(再建手術)の場合に限る。)
椎間板内酵素注入療法
乳がんセンチネルリンパ節加算1及びセンチネルリンパ節生検(併用)
乳がんセンチネルリンパ節加算2及びセンチネルリンパ節生検(単独)
ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後)
経皮的冠動脈形成術(特殊カテーテルによるもの)
経皮的中隔心筋焼灼術
ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
両心室ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合)及び両心室ペースメーカー交換術(経静脈電極の場合)
植込型除細動器移植術(経静脈リードを用いるもの又は皮下植込型リードを用いるもの)、植込型除細動器交換術(その他)及び経静脈電極抜去術
両室ペーシング機能付き植込型除細動器移植術(経静脈電極の場合)及び両室ペーシング機能付き植込型除細動器交換術(経静脈電極の場合)
大動脈バルーンパンピング法(IABP法)
経皮的下肢動脈形成術
腹腔鏡下十二指腸局所切除術(内視鏡的処置を併施するもの)
腹腔鏡下肝切除術
腹腔鏡下膵体尾部腫瘍切除術
早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術
腎腫瘍凝固・焼灼術(冷凍凝固によるもの)
膀胱水圧拡張術
人工尿道括約筋植込・置換術
医科点数表第2章第10部手術の通則の12に掲げる手術の休日加算1
医科点数表第2章第10部手術の通則の12に掲げる手術の時間外加算1
医科点数表第2章第10部手術の通則の12に掲げる手術の深夜加算1
医科点数表第2章第10部手術の通則の16に掲げる手術
輸血管理料Ⅰ
輸血適正使用加算1
コーディネート体制充実加算
自己生体組織接着剤作成術
人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算
胃瘻造設時嚥下機能評価加算
麻酔管理料(Ⅰ)
麻酔管理料(Ⅱ)
放射線治療専任加算
外来放射線治療加算
高エネルギー放射線治療
画像誘導放射線治療(IGRT)
画像誘導密封小線源治療加算
病理診断管理加算Ⅱ
悪性腫瘍病理組織標本加算
入院時食事療養/生活療養(Ⅰ)

歯科
地域歯科診療支援病院歯科初診料
歯科外来診療環境体制加算2
歯科疾患管理料の注11に掲げる総合医療管理加算及び歯科治療時医療管理料
医療機器安全管理料(歯科)
歯科麻酔管理料
クラウン・ブリッジ維持管理料
国立病院機構熊本医療センター
860-0008 熊本県熊本市中央区二の丸1-5
TEL:096-353-6501 FAX:096-325-2519
国立病院機構熊本医療センター
コンテンツに戻る