国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
コンテンツに移動します

センター概要|救命救急センター|国立病院機構熊本医療センター

separator1

理念と基本方針

国立病院機構熊本医療センター
理念
全職員をあげて24時間365日体制で断らない救命救急医療を目指します
基本方針
  1. 断らない救急医療の実践
  2. 礼節のある救急患者・家族、救急隊や他病院職員への対応
  3. 地域医療機関、三次救急医療機関との密接な医療連携
  4. 多職種連携による最善の医療の提供
  5. 良質で安全な医療の提供
  6. 絶え間ない医療技術向上への努力
  7. 医療技術向上のための積極的な研究の推進
separator1

組織図

救命救急センター組織図
separator1
separator1

救命病棟

  • 病床数:44床(災害時88床)
救命救急センター
救命救急センター
救命救急センター
救命救急センター
救命救急センター
救命救急センター
救命救急センター
救命救急センター
救命救急センター
救命救急センター
救命救急センター
separator1

ICU

  • 病床数:6床(災害時12床)
ICU
ICU
ICU
ICU
ICU
ICU
separator1

高気圧酸素治療室(第一種)

高気圧酸素治療
高気圧酸素治療
高気圧酸素治療
高気圧酸素治療
separator1

ヘリポート

ヘリ救急医療
ヘリ救急医療
ヘリ救急医療
種類:場外離着陸場
工期:2011年1月18日~5月31日
運用開始:2011年6月15日12時
構造(デッキ部分):
材質:アルミ製面積:635.04㎡(25.2m×25.2m)
高さ:地上11m夜間照明設備:あり
耐荷重:重量6.5t *参考:熊本県防災消防ヘリ「ひばり」(全長13.68m、重量4.3t)
separator1

病院救急車

ドクターカー(国熊1号)
ドクターカー
重症患者の搬送を行うことが可能です。
患者搬送車(国熊2号)
ドクターカー
一般の患者の搬送を行うことが可能です。
災害支援車(国熊3号)
ドクターカー
旧ドクターカー(モービルCCU)として運用していましたが、現在は災害支援車として運用しております。大型車両(一般的な救急車の2倍)で、DMATや災害資機材の輸送が可能です。発電装置も装備しています。
separator1

施設見取図

救命救急センター見取図
国立病院機構熊本医療センター
860-0008 熊本県熊本市中央区二の丸1-5
TEL:096-353-6501 FAX:096-325-2519
コンテンツに戻る