国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
コンテンツに移動します

病理診断科|国立病院機構熊本医療センター

部門紹介 > 診療部
separator1

病理診断科

separator1

病理診断科部長あいさつ

村山寿彦
病理診断科では各科から依頼される病理組織診断、細胞診断、術中迅速診断、病理解剖などが主な業務です。患者様に直接お会いする機会はほとんどありませんので病理診断あるいは病理医についてご存知ない方が多いと思いますが、くす通信135号、226号に仕事の内容を簡単に紹介しておりますので、よろしければご覧ください。病変から採取された組織あるいは細胞を顕微鏡で観察して診断しています。多くの場合病理診断が最終診断となりますので、治療法の選択の分岐点に立つという意味で重要な役目を担っています。
スタッフは病理医常勤2名、非常勤2名、検査技師4名(うち3名が細胞検査士)で、細胞診断、術中迅速診断に関しましてはほぼ毎朝9時からカンファレンスを行い、精度管理、意識の統一を図っています。
病理診断科部長 村山寿彦
separator1

診療内容・特色

当院は日本病理学研修認定施設B(認定番号7022)に認定されており、病理部門は最終診断としての病理診断、術中迅速診断、細胞診および病理解剖・CPCを通してチーム医療に参画しています。総合病院であるため症例は豊富かつ多彩で、診断精度管理のためほぼ毎日病理・細胞診カンファレンスを行っています。CPCは県内唯一の公開CPCの形式で年4回、病理診断科主催は年10回以上開催しています。
separator1

症例数・治療・成績

令和2年度は3月25日現在で病理診断5352件(うち術中迅速診断188件)、細胞診5633件、病理解剖5体です。病理解剖は例年15体前後行っておりますが本年度はわずか5体で新型コロナウイルス感染症の影響と思われます。CPCは総合症例検討会を2回、病理診断科主催CPCを6回行いました。さらにこれまで懸案であったご家族への最終的な説明の有無が確認できていなかったことに関して、ご家族への説明の有無を部長会議で毎月確認するシステムを構築いたしました。
separator1

スタッフ紹介

職名
氏名
免許取得年
専門医
所属学会
など
専門分野
診療部長
病理診断・臨床検査センター長
病理診断科部長

ムラヤマ トシヒコ
村山 寿彦

昭和58年
日本病理学会病理専門医研修指導医
日本臨床細胞学会細胞診指導医
日本臨床検査医学会臨床検査専門医
日本癌学会会員
病理全般
病理診断科医師

ヤナギダ エリコ
柳田 恵理子

平成23年
日本病理学会病理専門医
日本臨床細胞学会専門医
日本病理学会認定分子病理専門医
病理全般
separator1

今後の目標・展望

ゲノム医療への対応が今後の重要な課題となります。病理診断科では従来病理診断の根拠の保存、あるいは研究への利用のためにガラス標本、パラフィンブロック標本を保存していましたが、これからは分子標的治療の適応決定に適した細胞・組織の保管・提供が新たな目的となります。そのためには臓器・組織の摘出からホルマリン固定までの時間、ホルマリン固定液の組成、固定時間、その後の処理、パラフィンブロックの保管状態(温度・湿度など)などを適正に管理しなければなりません。これまでは病理診断までが病理医の主な仕事でしたが、これからは治療法の選択にも大きくかかわることになりますので、十分な準備をしていきたいと思います。
国立病院機構熊本医療センター
860-0008 熊本県熊本市中央区二の丸1-5
TEL:096-353-6501 FAX:096-325-2519
国立病院機構熊本医療センター
コンテンツに戻る