国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
コンテンツに移動します

学生実習|薬剤部|国立病院機構熊本医療センター

separator1

薬学実務実習

separator1

薬学生の皆様へ

指導薬剤師から
当院では、毎年薬学生を受け入れて実務実習指導を行っています。平成22年度よりコアカリキュラムに沿ってスケジュールを組んでいます。実習の流れは、午前は調剤実習、午後は病棟業務実習となっており、そこに講義やその他実習、他部署見学を盛り込んでいます。特に病棟業務には力を入れており、実習の最後には学生による症例発表会も開催しています。また、学生の希望は可能な限り取り入れる方針で、夜勤の実習を過去に行ったこともあります。学生さんには病院薬剤師に興味をもってもらい、病院薬剤師の仕事を学んでもらい、病院薬剤師にやりがいを感じてもらい、人生の職業の選択肢の一つとして病院薬剤師を目指してもらえるような実習指導を行っています。
指導薬剤師 川﨑 恵美
病院調剤の実践
一般目標
病院において調剤を通して患者に最善の医療を提供するために、調剤、医薬品の適正な使用ならびにリスクマネージメントに関連する基本的知識、技能、態度を修得する。
病院調剤業務の全体の流れ
  1. 患者の診療過程に同行し、その体験を通して診療システムを概説できる。
  2. 病院内での患者情報の流れを図式化できる。
  3. 病院に所属する医療スタッフの職種名を列挙し、その業務内容を相互に関連づけて説明できる。
  4. 薬剤部門を構成する各セクションの業務を体験し、その内容を相互に関連づけて説明できる。
  5. 処方せん(外来、入院患者を含む)の受付から患者への医薬品交付、服薬指導に至るまでの流れを概説できる。
  6. 病院薬剤師と薬局薬剤師の連携の重要性を説明できる。
基本実習内容
計数・計量調剤・注射剤調剤・医薬品の管理・供給・保存・麻薬の取り扱い・医薬品情報(DI)・病棟業務(薬剤管理指導)・院内製剤・薬物モニタリング(TDM)・中毒医療・化学療法(抗がん剤)・TPN調製
その他見学など
  • 治験室見学・手術室見学(手術見学)
  • チーム医療(栄養サポートチーム見学など)
  • 外来化学療法室見学
薬学生実務実習の受け入れ状況
2018年度2019年度2020年度2021年度
第1期6名0名0名
0名
第2期6名2名2名
3名
第3期3名6名5名6名
第4期-4名4名4名
合計15名12名11名13名

実習生感想

令和3年度 第3期
今回の実習で特に印象深かったことは、病棟業務を実際に行い患者様の入院から退院まで介入することが出来たことです。電子カルテで患者の現病歴や既往歴、持参薬を確認し現時点で処方された治療薬が適正かどうかを監査し、服薬指導では伝えるべきことを分かりやすく伝える術を教えていただきました。患者様からも退院時には感謝の言葉を頂き医療従事者としての達成感を味わうことができ、より一層これからの勉強に力を入れていきたいと感じました。

熊本大学 実習生

複数の病棟をローテーションすることで幅広い疾患の患者さんと触れ合うことができました。臨床の現場は想像とは違ってはるかに高度で専門的な知識が求められ、それに伴う責任の大きさも感じ取ることが出来ました。コロナ禍での実習でしたがすべて現地で行うことができて本当に良かったです。貴重な経験をさせていただきありがとうございました。

熊本大学 実習生

私は、今回の実習で病院内での薬剤師の立ち位置や業務について見て学ぶことができました。また、病院ならではの電子カルテへの薬歴記入や検査値の確認などを先生方と行うことで、病院薬剤師の知識の多さを感じました。病棟業務や様々なカンファレンスに参加させていただくことで、他職種との連携についても実際に経験することが出来ました。この経験を活かし、これからの学習により邁進していきたいと思います。お忙しい中、丁寧なご指導をありがとうございました。

崇城大学 実習生

今回の病院実習では、薬剤の知識だけではなく、病院における薬剤師の役割として、実際に服薬指導や初回面談、電子カルテでの検査値の確認などを経験させて頂きました。講義ではNST、ICTなどのチームにおける薬剤師の役割について詳しく学ぶことが出来ました。
その他、様々なことを体験させて頂き、学ばせて頂きました。この経験を今後に活かしていきたいと思います。

崇城大学 実習生

コロナ禍にも関わらず11週間の実習を受け入れて下さりありがとうございました。通常業務でお忙しい中、わからないことを優しく丁寧に教えてくださったおかげで病院薬剤師の役割やチーム医療における薬剤師の立ち回り方法を理解することが出来ました。この実習で教えていただいたことを忘れず、今後に活かしたいです。

崇城大学 実習生

2ヶ月半の実習でしたが、様々な講義や体験をさせていただきたくさんの刺激を受けました。病棟に上がった時も薬剤師の先生がたは優しく指導してくださり充実した実習を受けることが出来ました。楽しくたくさんのことを学べました。2ヶ月半の間ありがとうございました。

崇城大学 実習生

separator1
separator1
令和3年度 第4期
病院実習では病棟業務やチーム医療、治験業務などの様々な業務を経験させていただき、病院での薬剤師の役割について学ぶことができました。大学の講義で学んだことも実際に臨床の現場で経験することによってより理解を深めることができました。お忙しい中、ご指導してくださりありがとうございました。

熊本大学 実習生

今回の実習で特に印象に残ったことは、病棟業務で患者さんの様態や検査結果、バイタルサイン等を経時的にモニタリングし、その結果を基にどのような対処が行われるのかを学べたことです。臨床の現場で実際に行われていることを知ることができて、とても新鮮でした。また、患者さんに対して指導を行ったこともとてもいい経験になりました。6週間たくさんのことを勉強させていただきありがとうございました。

熊本大学 実習生

医薬品の調剤だけでなく電子カルテを実際に扱ったり、病棟で患者さんと接したりする中で様々な業務を経験させていただくことができて病院に来ていることを実感できた場面が多かったです。カンファレンスにも参加させていただいて病院の強みである多職種連携の現場も目にすることができたので病院薬剤師の役割についての理解も深まりました。お忙しい中、実技面での丁寧な指導に加えて講義もしてくださりありがとうございました。

熊本大学 実習生

病棟業務では薬剤師としての患者さんとのコミュニケーションの取り方や伝え方を学び、実際に行うことで、その難しさを知ることが出来ました。また、薬剤師の先生方の知識の多さを感じました。カンファレンスやラウンドに参加させていただき、薬剤師としての医療への関わり方も学びました。今回学んだことは、今後の学習や就職後に活かしたいです。短い時間の中で多くの経験をさせていただきありがとうございました。

熊本大学 実習生

国立病院機構熊本医療センター
860-0008 熊本県熊本市中央区二の丸1-5
TEL:096-353-6501 FAX:096-325-2519
コンテンツに戻る