国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
コンテンツに移動します

薬剤部|国立病院機構熊本医療センター

separator1

薬剤部

separator1

薬剤部長あいさつ

中川義浩
病院での薬剤業務は医薬品の効果と安全性を高める業務をはじめ、薬薬連携、教育・研修・臨床研究の推進、健全経営と様々です。調剤や注射薬の無菌調製などに加え、質の高い薬剤管理指導から病棟薬剤業務へ発展的に拡充しています。その為に専門性の高い薬剤師の育成、臨床研究部門における積極的な関与などに取り組みたいと思います。また地域医療の薬薬連携を推進する目的で開催している、二の丸薬薬連携講演会を充実させ、さらに連携を強化して患者さんを中心とした安全で安心な薬物療法の提供を念頭に置いて、地域連携に取り組みたいと思います。
薬剤師の病棟業務がチーム医療の一環として評価されたものとなり、当院でも病棟薬剤業務加算を取得しています。また後発品採用も推進しています。さらに医療安全の面では、ITを利用して医薬品の相互作用、重複チェック、投与量チェックを行うとともに、レジメンシステムと化学療法チェックシステムを利用して、がんにおける化学療法を投与量、投与間隔、血液検査上でのチェックを実践しています。さらに薬剤師外来で抗がん薬の副作用の把握と処方提案を行っています。
また周術期の医薬品管理と術前中止薬を適切に管理する為に、手術室に薬剤師を配置しています。
注射薬の払い出しにピッキングシステムを導入し、1日2回に分けて半日分ずつの払い出しを行っています。また手術室の医薬品管理もカート交換による定数配置制とし、効率的な医薬品管理を実施しています。
教育・研修では毎年2~4大学の学生実習を引き受け、年間12名程度の長期実務実習を行っています。さらに熊本崇城大学薬学部と提携し、大学院生の臨床研究も行っています。薬学部学生の病院見学も随時受け付けています。研究面では日本医療薬学会、医療マネジメント学会、臨床腫瘍学会、救急医療学会などの学会への発表を行い、論文も数多く出しています。今年度は若い薬剤師達が学会発表を論文化することを試みています。
薬剤部長 中川義浩
separator1

理念

最新の知識・医療技術と礼節をもって、良質で安全な医療を目指します。
separator1

施設認定

  • 実務実習研修施設
  • 日本医療薬学専門薬剤師研修施設
  • がん専門薬剤師研修認定施設
  • 薬物療法専門薬剤師研修施設設
separator1

お知らせ

院外処方箋の有効期限について(2019年6月20日)
院外処方箋の有効期限は交付日を含めて4日以内です。
院外処方箋への検査値等の表示開始について(2018年12月3日)
患者様の検査値の一部を処方鑑査に必要な情報として、院外処方箋に記載することといたしました。
院外処方箋
画像をクリックするとPDFが開きます
院外処方箋
画像をクリックするとPDFが開きます

処方変更・調剤後の連絡先について(2020年10月07日)
保険薬局の方へ
処方変更し調剤した場合は、変更内容をFAXコーナー番号に送信して下さい。
 
 FAXコーナー番号096-325-0254
separator1

薬剤師募集

薬剤師の採用について

九州グループには28の病院があり、がん、循環器病、性心疾患、神経筋疾患、成育医療、腎疾患、重症心身障害、骨・運動器疾患、呼吸器疾患、免疫異常等の19の分野の政策医療に取り組んでいます。薬剤師は医療の担い手として、医薬品を通して質の高い医療の実現に努力しています。またチーム医療を通じて患者の治療に貢献し、専門職に相応しい知識と技術を提供することができます。さらに知識は技術を研鑚させる臨床研究を行うことも可能です。医療に積極的に関われる国立病院機構は、皆様の応募をお待ちしています。
薬剤師募集
薬剤師募集
画像をクリックするとPDFが開きます

薬剤師の募集要項について

九州管内の薬剤師の募集は、国立病院機構九州グループ事務所が一括して募集します。詳しくは 国立病院機構九州グループ事務所のホームページの「採用情報・学生募集」をご覧下さい。
薬剤師募集
独立行政法人国立病院機構本部 九州グループ事務所
〒810-0065 福岡市中央区地行浜1丁目8番地1号(九州医療センター敷地内)
TEL: 092-852-1701
FAX: 092-852-1736
国立病院機構熊本医療センター
860-0008 熊本県熊本市中央区二の丸1-5
TEL:096-353-6501 FAX:096-325-2519
国立病院機構熊本医療センター
コンテンツに戻る