国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
コンテンツに移動します

産婦人科|国立病院機構熊本医療センター

部門紹介 > 診療部
separator1

診療部

separator1

診療内容・特色

当科は、1961年より、厚生労働省の掲げる政策医療の1つとしての婦人科悪性腫瘍の診断治療を重点目標に掲げ、科学的根拠に基づいた標準的治療を実践しています。婦人科悪性腫瘍新患数は近年さらに増加しています。入院の7~8割は悪性腫瘍症例で、個々の症例に対して、患者様及びご家族の意志を尊重した治療の選択を第一に心がけています。手術症例では個々の症例に応じた必要で十分な術式を術前に検討し、最終的には術中所見を考慮し術式の決定をおこなっています。また進行期症例に対しては手術療法、放射線治療、化学療法、さらには化学療法同時併用放射線治療などを用いた集学的治療を実践しています。近年、手術後(治療後)のQOL向上が重視されており、当科においては、術式の向上により術後のリンパ浮腫や排尿障害や尿失禁などの合併症は、減少しており、発症した場合も各科と連携し、様々な工夫を行い取り組んでいます。さらに産婦人科一般診療、婦人科救急医療に対しても常時対応しています。
separator1

医療設備

円錐切除術ではLEEP、ハーモニックスカルペル。腹腔鏡下手術及び開腹手術時に使用するリガシュア、ハーモニックフォーカス、サンダービート、ソニックビートなど。
外来及び手術室での軟性子宮鏡検査やレゼクトスコープ。
放射線治療設備に関しては2009年12月に全設備を一新し、外照射ではマルチリーフコリメーター内蔵の外照射装置リニアック、さらに子宮腔内照射では小線源治療装置ラルス(マイクロセレクトロン)が稼動しており、常勤の放射線治療専任医により精度の高い治療が可能です。子宮頸癌の放射線治療症例数も年々増加しています。
separator1

症例数・治療・成績

2019年の主な婦人科悪性腫瘍の治療実績は、患者数では子宮頚部上皮内腫瘍・異型度3 102例、浸潤子宮頚癌(Ⅰ期以上)で44例、子宮体癌で58例、卵巣癌27例で計231例でした。1974年からの総数は昨年末において、6449例となっています。昨年は子宮頚部上皮内腫瘍・異型度3の増加が目立ちました。
現在、これらの悪性腫瘍症例の手術を中心に、良性腫瘍手術、緊急手術を行っています。平成31年の婦人科総手術件数は、391件で、前年度より4.8%減少しました。子宮頚部上皮内腫瘍・異型度3は原則として円錐切除による子宮温存療法を施行しています。また広汎性子宮全摘術症例の骨盤神経温存症例では、非施行例に対して術後の残尿測定期間が減少し、排尿障害や尿失禁などは減少しています。
産婦人科実績
separator1

スタッフ紹介

職名
氏名
免許取得年
専門医
所属学会
など
専門分野
女性センター長
産婦人科部長

ニシムラ ヒロシ
西村 弘

昭和57年
  • 日本産婦人科学会専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 母体保護法指定医
  • 日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医
  • 産婦人科一般
  • 婦人科悪性腫瘍
  • 周産期
産婦人科副部長

ヤマモト フミコ
山本 文子

平成8年
  • 日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医
  • 日本産婦人科学会専門医
  • 産婦人科一般
  • 婦人科悪性腫瘍
  • 周産期
産婦人科医長

タカキ ミカ
髙木 みか

平成9年
  • 日本産婦人科学会専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本婦人科腫瘍学会
  • 産婦人科一般
  • 婦人科悪性腫瘍
  • 周産期
産婦人科医長

ヤマモト ナオ
山本 直

平成19年
  • 日本産科婦人科学会専門医
  • 日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 産婦人科一般
  • 婦人科悪性腫瘍
  • 周産期
separator1

今後の目標・展望

今後も、さらに婦人科悪性腫瘍の正確な診断及び標準的治療の実践に力を注ぎ、質の高い医療の提供を目標にいたします。
国立病院機構熊本医療センター
860-0008 熊本県熊本市中央区二の丸1-5
TEL:096-353-6501 FAX:096-325-2519
国立病院機構熊本医療センター
コンテンツに戻る