国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
コンテンツに移動します

スタッフと活動|がん総合医療センター|国立病院機構熊本医療センター

separator1

センタースタッフ

がん総合医療センター長
腫瘍内科部長
境健爾
腫瘍内科副部長
榮達智、礒部博隆
血液内科部長
河北敏郎
外科部長
宮成信友
消化器内科部長
杉和洋
泌尿器科部長
菊川浩明
産婦人科部長
西村弘
歯科口腔外科部長
中島健
専門看護師
安永弘子、方尾志津
専門薬剤師
中川、花田、佐々木
管理栄養士
四元、加来
専門リハビリ
鬼塚、石原
関連診療科
関連チーム
separator1

緩和ケアチーム

がん総合医療センター
緩和ケアカンファレンス・回診(毎週木曜日 14:30~16:30)
  • 「私の記録」を使用して(QOLモニタリング)
      • 全病棟・全外来の問題症例を検討
      • 身体的・心理的・社会的苦痛に対応
      • 入院・在宅での療養生活を支援
      • 医療連携の計画
  • 参加者:腫瘍内科医師、看護師、薬剤師、MSW、臨床心理士、管理栄養士
separator1

化学療法チ-ム

がん総合医療センター
がん診療カンファランス(毎朝8:50~9:15)
  • 全科の問題症例検討(レジメン、効果、有害事象、生活の質)
  • 集学的治療
  • 電話訪問
  • 救急対応必要患者
  • 参加者:腫瘍内科医師、看護師、薬剤師、MSW、管理栄養士
separator1

相談支援・医療連携チーム

がん総合医療センター
がん診療カンファランス(毎朝8:30~8:50)
  • 毎日の入院患者検討
  • 週1回の新患紹介
  • 電話訪問
  • 救急外来連絡対象者
  • 外来問題症例
  • 入退院調整
  • 緩和ケア回診
  • 緩和ケア外来
  • 参加者:腫瘍内科医師、看護師、薬剤師、MSW、管理栄養士
separator1

Cancer Board(集学的がん治療)

病院全体のがん診療の更なる充実を目指して、外来・入院を問わず、正確な診断や最新で最良な治療提供が可能となるように、定期的なCancer Boardに加えて、臨時Cancer Boardを頻回開催しています(図6)。各科を受診される患者さんの多くは、がん薬物療法を中心に、がん総合医療センタ-で把握され、管理されています(図7)。
熊本県全体のがん診療の充実を目指して、熊本県にある地域のがん拠点病院とCancer Boardや緩和ケアを中心に、連携を強化する活動を開始しました(図8)。2018年から阿蘇医療センタ-と定期的にCancer Boardや緩和ケアカンファランスを行っています(図9)。2019年からは人吉医療センタ-とも同じ活動を開始しました。今後、山鹿市民医療センタ-、くまもと県北病院、天草中央総合病院などとの連携活動も計画中です。

新たながん医療体制の構築(地域で完結する集学的治療)

がん総合医療センター
図6 新たながん診療体制の構築①
がん総合医療センター
図7 新たながん診療体制の構築②
がん総合医療センター
図8 新たながん診療体制の構築③-1
がん総合医療センター
図9 新たながん診療体制の構築③-2
separator1

緩和ケア研修会修了者

国立病院機構熊本医療センター
860-0008 熊本県熊本市中央区二の丸1-5
TEL:096-353-6501 FAX:096-325-2519
国立病院機構熊本医療センター
コンテンツに戻る