国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
コンテンツに移動します

放射線治療科|国立病院機構熊本医療センター

separator1

放射線治療科

separator1

放射線治療科部長あいさつ

冨高悦司
様々ながん、一部の良性疾患に対して放射線治療を行っています。
日本は高齢化社会となっています。年齢を重ねるごとにどうしてもがんになる可能性は増えます。もちろん他の病気にかかる可能性も増えます。つまり合併症があるがん患者様が増えるということです。
そのため、切らずに治す“ひとに優しい”がん治療である放射線治療の需要はますます高まっていくと予想されています。しかしながら欧米ではがん患者の50%以上がいずれかの時期に放射線治療を受けているのに対し、日本では30%弱の患者様しか受けていないのが現状です。20%以上の患者様が放射線治療の恩恵を受けていないということになります。
この30年で放射線治療はめざましい進歩を遂げました。様々な治療法や機器の開発、そして画像診断の精密化で以前よりはるかに安全にがんを”狙い撃つ”ことが可能になり、放射線治療を主体とした治療でがんを根治できる疾患も増えました。また従来からの、がんによる痛みやつらい症状をとるという緩和的な治療も、より副反応無く可能になりました。
多くのメリットがあるこの放射線治療を皆様にご理解いただけるよう、放射線治療科は日々努力して参ります。


放射線治療科部長 冨高悦司
separator1

診療内容・特色

本館1階32番 放射線治療センタ-にて、診察および放射線治療計画、治療を行っています。
外照射用リニアック1台、治療計画専用の大口径64列CT1台、密封小線源治療装置2台を保有しています。
外照射は、一日約30~40名の治療を行っています。当院は診療科が多いため、ほぼすべての領域の悪性疾患を扱っていることが特徴です。高精度放射線治療である強度変調放射線治療(IMRT)は、前立腺がんを中心に行っています。2021年度に外照射装置を更新し、より精度の高い治療が行えるようになりました。特殊治療としては、造血幹細胞移植のための全身照射(TBI)を行っており、症例数は県内では最大です。また、良性疾患であるケロイド切除後の術後照射やバセドウ眼症の球後照射も形成外科や糖尿病・内分泌内科と連携をとり、多くの症例を行っています。
密封小線源治療は、子宮・腟がんを主とした腔内照射(RALS治療)および前立腺がんに対する125Iシード永久挿入治療を行っています。婦人科、泌尿器科、麻酔科と連携したチーム医療で精度の高い治療を心がけています。
すべての治療は治療計画装置にて計画し、作成された線量分布を検討後実施しています。
当院は、日本放射線腫瘍学会認定施設であり(現在熊本県では3施設のみ)、放射線治療センターには放射線治療専門医が専従し、照射期間中におきる患者様の体の変化などにも、きめ細やかに対応いたします。

新外照射装置(Varian社製 True Beam)
放射線治療
脳腫瘍に対する3次元外照射
放射線治療
前立腺癌に対する強度変調放射線治療(IMRT)
放射線治療
子宮頚がんに対する腔内照射
放射線治療
前立腺がんに対する125Iシード永久挿入治療
放射線治療
separator1

症例数・治療・成績

2021年度(令和3年度)は半年間の休止期間がありましたが、放射線治療患者数は287名で、うち新患が242人でした。
特殊治療である全身照射(TBI)は14例(36件)、腔内照射26例(83件)、シード治療(組織内照射)46例でした。


放射線治療患者推移

H29年度H30年度R1年度R2年度R3年度
総人数455467473508287
件数H20年度H30年度R2年度R2年度R3年度
通常照射
6439
7501
7825
7161
3438
IMRT00044485
TBI
115
115
91
125
36
腔内照射
108
91
89
66
83
組織内照射
46
45
44
64
46
合計
6708
7752
8049
7460
4088
separator1

スタッフ紹介

職名
氏名
免許取得年
専門医
所属学会
など
専門分野
副地域医療連携センター長
放射線治療科部長
放射線治療センター長

トミタカ エツシ
冨髙 悦司

平成11年
日本医学放射線学会及び日本放射腺腫瘍学会共同認定治療専門医・指導医

日本がん治療認定医機構がん治療認定医
臨床研修指導医
熊本大学医学部臨床教授
放射線治療
画像診断一般
放射線治療科医師

ヤマダ シゲオ
山田 茂雄

平成31年
日本医学放射線学会
日本放射線腫瘍学会
放射線治療
画像診断一般
非常勤放射線治療科医師

マツモト タダシ
松本 忠士

平成28年
日本医学放射線学会放射線科専門医
日本放射線腫瘍学会

放射線治療

separator1

今後の目標・展望

強度変調放射線治療(IMRT)の適応を拡大する予定です。
体幹部定位放射線治療(SBRT)を開始する予定です。

国立病院機構熊本医療センター
860-0008 熊本県熊本市中央区二の丸1-5
TEL:096-353-6501 FAX:096-325-2519
コンテンツに戻る