国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
コンテンツに移動します

放射線治療|診療放射線科|国立病院機構熊本医療センター

separator1

診療放射線科

separator1

放射線治療

放射線治療とは?

高いエネルギーの放射線を使用し病巣を治療します。放射線は目に見えず、体に照射しても痛みや熱さなどを感じません。手術をすれば大きな傷跡が残ったり、体の外観や機能が損なわれたりするような場合でも、放射線治療では障害や副作用を最小限におさえて治療をすることが可能です。
生活の質(QOL : Quality of Life)の向上を考える上では有効な治療法のひとつです。QOLとは、どれだけ人間らしい望み通りの生活を送ることが出来ているかを計るための尺度を表す概念です。
separator1

放射線治療の目的

放射線治療をおこなう目的は大きく分けて3つあります。
病気を治癒させることを目的とした根治的治療、症状の改善を目的とした姑息的(緩和)治療、病気の再発を防止することを目的とした予防的治療があります。
separator1

放射線治療の種類

放射線治療には大きくわけて外部照射と内部照射(腔内照射、組織内照射など)の2つの方法があります。
対象となる疾患は、腫瘍であれば大半が適応となり、外部照射のみによる治療が主ですが、当施設では特に子宮頚部腫瘍に対して外部照射と内部照射を併用しています。
外部照射とは
体の外から体内の病変部に対し放射線を照射する方法です。体表面から病変部までの距離に応じて、放射線の種類(X線、電子線など)や放射線のエネルギーを使い分けます。当院では、リニアック装置を用いていますが、特に当院のリニアック装置にはマルチリーフコリメーター装備していますので、複雑な形状の病変に対してもより高精度の治療が可能です。
通常は、1日1回、月曜日~金曜日まで週5回(土日、祭日、祝日は基本的にお休みとなります)の治療を数週間かけて行います。
放射線治療
リニアック装置
放射線治療
マルチリーフコリメーター
内部照射とは
体の中から放射線を照射する治療のことです。(図1) 当院には病変内部に放射線の出る放射線源(イリジウム192)を専用の器具を通じて体に送り込むRemote After Loading System(遠隔操作密封小線源治療装置:図2)を保有しています。
特に子宮・気管支・胆道・食道・直腸などの管腔臓器に発生した腫瘍に対して行われますが、当院では、主に子宮頸部腫瘍に対して行っています。
放射線治療
図1
放射線治療
図2
separator1

放射線治療の流れ(外部照射)

1.診察
治療開始前に放射線治療専門医師によって、患者の皆様の全身状態および症状などを診察し、治療方法、合併症や副作用などの説明を行います。
2.治療計画
放射線治療専用のCT装置を用いて治療計画に用いる画像を撮影します。治療計画装置では、そのCT画像を利用して最適な照射方法をシミュレーションし、病変部に対して適切に放射線を照射するために、最適な照射方法を選択します。
放射線治療
CT撮影の様子
放射線治療
治療計画装置
3.照射
照射に先立って、治療計画装置にて決定した部位に照射形状のマーキングを行います。照射時はリニアック装置の寝台を移動させることで、マーキングした位置に照射位置を調整します。通常1回の治療に要する時間は15分程度ですが、照射初日は位置合わせの確認を行うためのX線撮影を行うため1時間程度かかります。
放射線治療
照射形状のマーキング
放射線治療
位置合わせX線画像①
放射線治療
位置合わせX線画像②
放射線治療
照射の様子
4.経過観察
当院では、毎週水曜日は定期診察日となっており、治療期間中の全身状態および病状の変化を治療専門医が診察します。
separator1

よくある質問(Q&A)

治療の期間はどのぐらいですか?
治療の期間は、病変の種類、大きさや場所、治療の目的などによって異なります。外部照射では、7~8週間の治療を行うこともあれば、1回のみの場合もあります。また同じ病気でも、患者さん一人一人の全身状態によって、スケジュールが異なることがあります。担当の医師からよく説明を受けてください。
一回の治療時間はどのぐらいですか?
通常の外部照射の場合、放射線を照射している時間は数分です。着替えや準備などを含めて、治療室にいる時間は、10~15分程度です。
放射線治療は痛いのですか?
胸部エックス線撮影やCT検査と同様に、放射線を照射しても、痛みや熱などを感じることはありません。小線源治療の場合、病巣の中や近くに治療用の器具を入れるため、痛み止めや麻酔を使用することがあります。
日常生活で気をつける点はありますか?
放射線治療中も、たいていは普段通りの生活を続ける事ができます。仕事をしながら治療に通う事も可能です。しかし、治療が進むにつれて疲れやすくなったり、治療部位に応じた副作用が見られたりすることがあります。十分に休息をとるようにしましょう。
食事はどのようなものをとればいいですか?
特に決まりはありませんが、放射線治療中はビタミンやミネラルを豊富に含んだ栄養のある食事をとるようにしましょう。
頭頸部や胸部の治療を行っている場合は、放射線の副作用によって、のどの痛みや飲み込みにくさが出現することがあります。やわらかい物や刺激の少ない食べ物をとるように心がけましょう。
家族や周りの人に放射線の影響はありますか?
放射線があたる時間は数分であり、治療が終わった後に、周囲の人に影響を与えることは全くありません。お子さんにも通常通り接することができます。
separator1

放射線治療における診療放射線技師の役割

放射線治療部門では、医師、診療放射線技師、看護師など様々な職種のスタッフがお互いに協力して安全・安心な治療の実践に取り組んでいます。放射線治療における診療放射線技師の業務は、そのほとんどが照射位置の精度確保、投与線量の精度確保につながります。診療に於いては治療計画に用いるCT撮影、快適かつ正確な治療を行うための固定具・補助具の作製、投与線量に関わる線量の計算、照射業務など多岐にわたります。また、放射線治療に用いる装置全般の精度を管理することや、治療室から基準値以上の放射線が漏洩していないかを管理することなども重要な業務です。すなわち、患者さまに対する診療業務はもちろん医療安全対策まで行っています。当院には”放射線治療専門医”と”放射線治療専門放射線技師”の認定者のほか、”放射線治療品質管理士”により、精度管理を入念に行っております。
担当スタッフと患者さまは、通常月曜日から金曜日まで約1ヶ月の治療期間中毎日お会いします。10分程度の短い時間ですが、コミュニケーションを大切にし、身近なこともご相談できるよう業務を行っております。ご質問などはお気軽に担当スタッフまでお申し出下さい。
国立病院機構熊本医療センター
860-0008 熊本県熊本市中央区二の丸1-5
TEL:096-353-6501 FAX:096-325-2519
国立病院機構熊本医療センター
コンテンツに戻る