国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
国立病院機構熊本医療センター
コンテンツに移動します

活動内容|事務部|国立病院機構熊本医療センター

separator1

事務部

separator1

活動内容

ボランティア総会を開催して

11月26日(火)にボランティア総会を開催いたしました。当院に現在登録していただいているボランティアの皆さんは6名です。玄関前でのインフォメーション、患者用安全帯や安全ミトン及び脱毛患者用防止の作製、患者の皆様への行事カード・折り紙作成、荷物の運搬のほか庭木の手入れまで行っていただいています。
総会では、日頃からのボランティアの皆様のご尽力を労うとともに、問題点や提案を聞く場として開催しました。お昼の昼食をはさんでのランチョンミーティングでしたが、楽しく語らいあうことができたと思います。
ボランティア総会

国立病院総合医学会に参加しました(名古屋)

11月8日~9日にかけて行われた、国立病院総合医学会に参加し、発表を行ってきました。事務部からは3演題登録し、経理係長がポスター発表「働き方改革に向けた、情報の共有と業務の省力化について」、給与係長がポスター発表「適切な給与支給の取組について」、経営企画係長が口演発表「救急医療管理加算への取組」を発表しました。
慣れない発表であり、かなり緊張しましたが無事に発表を行うことでできました。貴重な経験となり、今回、参加させていただいた職員の皆さんに感謝いたします。
国立病院総合医学会
国立病院総合医学会
国立病院総合医学会
国立病院総合医学会

令和元年度熊本市災害医療訓練を開催

10月19日(土)9時から、熊本地方を震源とするM7.2震度6強の地震が発生し、この地震により熊本市内に大きな被害が発生したことを想定し、熊本市災害医療訓練を開催しました。訓練内容は事業継続計画実践及び検証、医療情報伝達訓練、総合医療対処訓練を行いました。看護学生による模擬患者の演技も迫真に迫っており、トリアージポストをはじめとする各エリアも緊張の中、訓練が進められていきました。最後に、災害対策本部長である院長から訓示があり、今回の災害医療訓練を終了しました。万が一に備え、日頃からの訓練が必要であることを改めて確信しました。
熊本市災害医療福祉訓練
熊本市災害医療福祉訓練
熊本市災害医療福祉訓練

令和元年度九州地区事務部長協議会に出席しました

8月17日(土)九州管内における診療情報管理士自主研修を熊本医療センターで開催いたしました。本研修は、診療情報管理士の中で将来に向け、診療情報管理士の業務の見直しやネットワークの構築のため40名の方々にお集まりいただき、開催したものです。カリキュラムは、熊本医療センター院長の挨拶、事務部長の「これからの目指すべき診療情報管理士とは」、都城医療センター吉住副院長の「診療記録~質的監査の実際~」、またワールドカフェ方式による診療記録についてグループワークを行いました。ワールドカフェ方式でのグループ討議では、各施設での様々な取り組みや悩みなどの生の声を聞くことができ、大変役立つ研修会となりました。
九州地区事務部長協議会
8月17日(土)第一回診療情報管理士研修会(至 熊本医療センター)

令和元年度九州地区事務部長協議会に出席しました

7月6日(土)福岡市内のホテルにて、九州地区の事務部長協議会が開催され出席しました。会計報告の他、人材育成についての取り組み事例などの報告、また福岡県警本部G20サミット対策課長による「G20福岡 財務大臣・中央銀行総裁会議警備を顧みて」という演題での特別講演を拝聴しました。
警備期間中の苦労話や日頃からの部下の育成についてのアドバイスを聞ことができ大変ためになりました。
最後に、今後の人材育成の在り方等についてのフリートーキングがあり、熱い討論が行われ盛会のうちに終了しました。
九州地区事務部長協議会
九州地区事務部長協議会

他施設との事務部合同勉強会を実施しました 2019年6月21日

先日6月21日(金)午後から医療法人創起会くまもと森都総合病院との 事務部合同勉強会を当院研修室にて開催いたしました。
本研修会は、昨年より始めたものであり、お互いの事務作業などの良い点 を学び、困っていることについて検討する形で実施し、双方の利益に結び付 けることができればということで始めたものです。
今回当院からは、経営企画室長が現在取り組んでいるミッション(入院シ フト、救急医療への取り組み)などについてのレクチャ―を行いました。 また医療法人創起会くまもと森都総合病院からは原価計算を含め、職員へ の研修(BSC)などについての講義をお聞きしました。
各々、課題点や具体的な取り組みについての情報交換を行い有意義な時間 を過ごせました。
本研修は今後も継続して行いながら、双方のスキルアップに繋げ、交友の 輪を広げることで益々の本研修会が盛会となればと思います。
事務部合同勉強会
ヘリポートの上で森都病院の皆さんと
事務部合同勉強会
合同勉強会
事務部合同勉強会
時間忘れて熱心な討議が続きます

熊本医療センター職員研修を開催しました 2019年6月7日

6月7日(金)~8日(土)に熊本医療センター職員研修会を開催しました。 本研修会は、毎年開催されており対象者は医師、看護師、メディカルスタッフ、教員、事務等の中間管理者に参加いただいています。なお、今回は102名の方々に参加いただきました。
阿蘇熊本空港ホテル(エミナース)での宿泊研修ということで、心配になるのが天候ですが快晴であり気持ちよく研修を行うことができました。
初日は、機構本部医療部長 渡辺真俊先生による基調講演「国立病院機構のビジョン(最近のトピック等)」を拝聴し、夕食会ではいろんなアトラクションがあり、参加者の心が一つになれたと思います。
2日目は、午前中からグループ討議が予定されており、昨年は、病院機能評価受審を控えていたため、各項目の課題点などを検討しましたが、今年は大きく①健全経営、②快適な療養環境、③職員のQOLの向上(働き方改革)テーマを設けて討議をしていただきました。
研修前から各班で検討をいただいており、有意義な発表時間を過ごすことができました。発表いただいた中から、短期的、中長期的に取り組めるものを幹部の中でも後日話し合いを行ったところです。来年も種々テーマを設けてこのような研修会を開催し、職域を越えた意見交換、情報の共有化を図る場として活用したいと思います。参加されました皆さんお疲れ様でした。
職員宿泊研修
機構本部渡辺医療部長の基調講演
職員宿泊研修
各班真剣に熱い討議を交わしています
職員宿泊研修
研修参加者集合写真

熊本医療センターQC活動発表会 2018年2月19日

QCとは、品質(Quality)管理(Control)の略語で、現在多くの企業で業務全般にわたる自主的な改善活動として広く行われています。当院でも病院全体の改善活動として取り入れています。今回は16の部署から活動の発表が行われました。事務部門からも発表を行い、大変優れた取組であるとの評価をいただきました。今後も継続していくことで、さらにすばらしい活動にしていきたいと思います。
QC活動発表会

第23回「熊本医療センター医学会」 2018年1月20日

1年目・2年目の事務職員も、医師やメディカルスタッフと同様に堂々とした発表ができるほど、病院スタッフとして日々成長しています。
熊本医療センター医学会

環境美化週間 【ヘリポート通路清掃】 2017年11月14日

ヘリポート通路清掃
清掃前の状態です
ヘリポート通路清掃
水をかけながらこすり落とす共同作業です
ヘリポート通路清掃
水で汚れを削り落としています
ヘリポート通路清掃
ヘリポート通路清掃完了後の記念撮影
国立病院機構熊本医療センター
860-0008 熊本県熊本市中央区二の丸1-5
TEL:096-353-6501 FAX:096-325-2519
国立病院機構熊本医療センター
コンテンツに戻る