INFORMATION学校情報

本学校は、熊本市のほぼ中央、熊本城の一郭に位置し、緑豊かな木々に包まれ学習に最適な環境にあります。
昭和19年 熊本陸軍病院に附属した看護婦養成所として開設される。
昭和20年 12月1日 国立熊本病院の発足と共に、同附属養成所となる。(卒業生36名)
昭和22年 7月25日 新制度甲種看護婦養成所に指定。(第1期生20名入学)
昭和23年 6月12日 保健婦助産婦看護婦法改正により、国立熊本病院附属高等看護学院と改称。
昭和26年 4月1日 認可。
昭和43年 4月1日 保健婦助産婦看護婦学校養成所指定規則の一部改正により、学科目,授業時間数が大幅に改正されて新カリキュラムとなる。
昭和48年 7月31日 新校舎竣工。
昭和50年 4月2日 厚生省組織規程の一部改正により、国立熊本病院附属看護学校と改称。
昭和51年 4月1日 学校教育法第82条の2に規定する専修学校となる。
平成2年 4月1日 養成所指定規則、指導要領の改正により、医療をとり巻く社会状況の変化に対応できるように配慮し、又ゆとりある教育を目指して教育課程が改正された。
平成7年 1月23日 文部省告示第7号により、専門士と称することができる専門課程として認められる。
平成8年 9月20日 創立50周年記念式典、記念誌発刊。
平成9年 4月1日 保健師助産師看護師学校養成所指定規則の一部改正により教育内容の充実、単位制が導入され、教育課程が改正。
平成16年 4月1日 母体施設の独立行政法人化により、独立行政法人国立病院機構熊本医療センター附属看護学校と改称。
平成16年 10月31日 新校舎竣工。
平成18年 9月30日 創立60周年記念式典、記念誌発刊。
平成21年 4月1日 保健師助産師看護師学校養成所指定規則の一部改正により、看護実践能力を強化するため教育課程が改正。
平成28年 10月17日 創立70周年記念特別講演会
平成30年 3月 卒業生 2,705名
2018年、創立72周年になりました。

歴代学校長

  • 初代
    初代
    小宮 悦造先生
    【在任期間】昭和22年~24年
  • 第2代
    第2代
    山田 政信先生
    【在任期間】昭和25年~51年
  • 第3代
    第3代
    小林 節昭先生
    【在任期間】昭和52年~57年
  • 第4代
    第4代
    渡邉 桂吉先生
    【在任期間】昭和58年~59年
  • 第5代
    第5代
    蟻田 功先生
    【在任期間】昭和60年~平成3年
  • 第6代
    第6代
    宮﨑 久義先生
    【在任期間】平成4年~19年
  • 第7代
    第7代
    池井 聰先生
    【在任期間】平成20年~23年
  • 第8代
    第8代
    河野 文夫先生
    【在任期間】平成24年~28年
  • 第9代
    第9代
    髙橋 毅先生
    【在任期間】平成29年~