患者さまとより良いパートナーシップを築くために | 来院される方へ | 国立病院機構 熊本医療センター

患者さまとより良いパートナーシップを築くために

患者さまと熊本医療センター職員とのパートナーシップについて

 医学、医療の進歩によって病気の診断、治療法が飛躍的に向上しましたが、治療を進めるにあたっては、医療従事者だけの判断ではなく、医療従事者と患者さまの相互の信頼関係に基づいて両者で協力しながら病気の治療にあたらなければなりません。熊本医療センターでは、「最新の知識・医療技術と礼節をもって、良質で安全な医療を目指します」の基本理念のもと「患者さまの権利」「患者さまの責任」を定め、患者さまの医療に対する主体的な参加を支援し、より良いパートナーシップを築き上げていきたいと考えております。

臨床疫学に基づく医療
 臨床疫学の根拠に基づいた医療の実践と、技術的に優れた医療を行います。さらに、豊富な知識と経験を生かしながら、患者さま個々の病態に応じた最良の診療を行います。
安全の確保
 当院では、「医療安全管理マニュアル」を基に医療事故防止に努めています。医療安全管理委員会を中心として医療事故防止に係る組織横断的活動及び手順の確認、組織的な教育・訓練の実施、問題事例の原因分析・対策、外部との連携を行います。安全な医療の実践で患者さまとのパートナーシップの充実に尽力しています。
医の倫理に関する対応
 当院では、「医の倫理綱領」をもとに、患者さまの人権を守ることを第一と考え、全職員が職業倫理の尊重に努めています。また、全ての患者さまに対し、患者さまの権利を示しています。癌告知、知る権利に関しては、インフォームド・コンセントの徹底に努めています。
プライバシーの保護
 当院では、外来・入院患者さまのプライバシー保護に努力しています。医療情報の取り扱いは、個人情報保護法に基づき本人、家族の意向に沿うように慎重を期しています。
相談窓口-患者さまやご家族の意見の尊重
 患者さまやご家族の抱える社会的問題、社会復帰、医療費の負担の問題などには、相談支援センターを設置のうえ相談に応じています。また、患者さまやご家族の方の意見を尊重するため、医療サービス全般、苦情、提案などを「患者さまの声」シートに記載してもらい、寄せられた声に対する回答を行うとともに病院運営に反映させることにより、患者さまとのパートナーシップを高めています。

ページトップへ