薬剤部 | 薬学実務実習 | 診療部門ご紹介 | 国立病院機構 熊本医療センター

薬剤部 | 薬学実務実習

薬学生の皆様へ

一般目標:
病院薬剤師の業務と責任を理解し、チーム医療に参画できるようになるよう、調剤および製剤、服薬指導などの薬剤師業務に関する基本的知識、技能、態度を修得する。

病院調剤の実践

一般目標:
病院において調剤を通して患者に最善の医療を提供するために、調剤、医薬品の適正な使用ならびにリスクマネージメントに関連する基本的知識、技能、態度を修得する。

【病院調剤業務の全体の流れ】

  1. 患者の診療過程に同行し、その体験を通して診療システムを概説できる。
  2. 病院内での患者情報の流れを図式化できる。
  3. 病院に所属する医療スタッフの職種名を列挙し、その業務内容を相互に関連づけて説明できる。
  4. 薬剤部門を構成する各セクションの業務を体験し、その内容を相互に関連づけて説明できる。
  5. 処方せん(外来、入院患者を含む)の受付から患者への医薬品交付、服薬指導に至るまでの流れを概説できる。
  6. 病院薬剤師と薬局薬剤師の連携の重要性を説明できる。

指導薬剤師から

 当院では、毎年薬学生を受け入れて実務実習指導を行っています。平成22年度よりコアカリキュラムに沿ってスケジュールを組んでいます。実習の流れは、午前は調剤実習、午後は病棟業務実習となっており、そこに講義やその他実習、他部署見学を盛り込んでいます。特に病棟業務には力を入れており、実習の最後には学生による症例発表会も開催しています。また、学生の希望は可能な限り取り入れる方針で、夜勤の実習を過去に行ったこともあります。学生さんには病院薬剤師に興味をもってもらい、病院薬剤師の仕事を学んでもらい、病院薬剤師にやりがいを感じてもらい、人生の職業の選択肢の一つとして病院薬剤師を目指してもらえるような実習指導を行っています。

症例報告会の風景 症例報告会の風景
症例報告会の風景

【基本実習内容】
計数・計量調剤・注射剤調剤・医薬品の管理・供給・保存・麻薬の取り扱い・医薬品情報(DI)・病棟業務(薬剤管理指導)・院内製剤・薬物モニタリング(TDM)・中毒医療・化学療法(抗がん剤)・TPN調製
【その他見学など】
治験室見学・手術室見学(手術見学)・チーム医療(栄養サポートチーム見学など)・外来化学療法室見学
【薬学生実務実習の受け入れ状況】
  平成29年度 平成30年度
第1期 6名 6名
第2期 3名 6名
第3期 3名 3名
合計 12名 15名

ページトップへ