消化器内科 | 診療部門ご紹介 | 国立病院機構 熊本医療センター

消化器内科

消化器内科部長からのご挨拶


消化器内科部長
杉 和洋

 消化器内科は消化器疾患全般にわたり救急医療から一般診療に対応しています。消化器疾患としては消化管疾患、肝疾患、胆膵疾患の全領域を扱い、それぞれにエキスパートを配しています。胆膵疾患では結石性胆管炎や胆管がんによる閉塞性黄疸に対する内視鏡的ドレナージ、急性胆嚢炎、急性膵炎や膵癌に対する治療を迅速に行っています。消化管疾患としては、特に内視鏡手術に力を入れ、胃の粘膜下層剥離術(ESD)はもとより、食道、大腸ESDを数多く行っています。また、急性胃十二指腸潰瘍出血やイレウスなどの救急疾患に対して即座に対応できる体制を整備しています。虚血性腸炎や大腸憩室炎および憩室出血も数多く診療しています。肝疾患では、肝炎から肝硬変、肝がんを包括的に扱い、C型慢性肝炎および肝硬変に対するインターフェロンフリーDAAs治療、早期肝がんにはラジオ波およびマイクロ波熱凝固療法(RFA、MCT)、進行肝がんには肝動脈化学塞栓術(TACE)や分子標的薬治療、肝硬変の難治性腹水に対しては最新の薬物療法に加え腹水濾過濃縮再静注法(CART)を数多く手掛けています。これらの診療には、外科、放射線科、救急科との院内連携により適切で安全に行える体制ができています。常に患者様の視点に立ち、安心・安全を基本に、新しい知識と技術を取り入れた良質の医療を提供しています。


診療内容・特色

 消化器病センターは、診療部門として消化器内科外来および病棟(主に7階西病棟)、ならびに検査・診療部門として内視鏡室および超音波室より構成されています。

『消化器疾患の診療』

 治療内視鏡としては、上部消化管(食道・胃・十二指腸)では、食道静脈瘤に対して硬化療法(EIS)、 結紮術 (EVL)、およびその併用(EISL)、総胆管結石に対して乳頭切開術(EST)やバルーン拡張術(EPBD)、食道あるいは幽門狭窄拡張術、ポリープの切除術、出血例ではエタノール局注法、クリッピング法による止血術を行っています。早期胃がんに対しては内視鏡的粘膜切除術(EMR)に加え、粘膜下層剥離術(ESD)を導入しています。また下部消化管(結腸・直腸)ではポリープ切除術、EMR、ホットバイオプシー及び止血術を多用し、2013年より大腸ESDを本格的に開始しました。2013年から食道がんに加え咽頭領域早期がんの内視鏡治療(ELPS)を行っています。切除不能および再発胃がんおよび大腸がんに対しては化学療法を行っています。さらに経管栄養で嚥下障害のある患者様には、内視鏡的胃瘻造設術(PEG)を行っています。

『胆膵疾患の診療』

 胆・膵疾患では、内視鏡的胆道ドレナージおよびステント留置術や内視鏡的胆管結石除去術、膵がんに対する化学療法を積極的に行っています。2013年より超音波内視鏡を用いた診断および治療を本格的に開始しました。細径針による吸引生検(FNA)や経胃的膵ドレナージの件数も増加しています。

『肝疾患の診療』

 肝疾患では慢性疾患が多く、C型慢性肝疾患では2014年11月より経口DAAsインターフェロンフリー治療を開始し、現在では複数のDAAsを使い分け、非代償性や腎機能低下などの病態に応じたテーラーメード治療を行っています。2016年4月より肝生検に代わり、フィブロスキャンを用いた肝硬度測定による病態評価を行っています。B型慢性肝炎に対する核酸アナログ治療やPEG-IFN療法も数多く行っています。また原発性胆汁性胆管炎症例が多く、国立病院機構肝疾患専門施設と共同で臨床研究を行い、病態解明に努めています。肝硬変症例では食道胃静脈瘤に対するEIS(L)、EVL、さらにはバルーン閉塞下逆行性経静脈的塞栓術(B-RTO)治療を行っています。また肝硬変栄養療法に取組み、成果を上げつつあります。難治性腹水に対してはがん性腹水とともにCART(腹水濾過濃縮再静注法)を行い成果を上げています。肝細胞がんでは、肝動脈化学塞栓術(TACE)とともにラジオ波焼灼療法(RFA)、2018年4月からはマイクロ波熱凝固療法(MCT)を積極的に行っています。近年注目されている非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の診断治療にも力を入れています。2008年4月より全国でもいち早くC型慢性肝炎インターフェロン治療地域連携クリティカルパスを作成し運用し、現在ではIFNフリー治療地域連携クリティカルパスを運用しています。熊本県肝疾患診療連携ネットワークにおける地域中核病院として、診療連携拠点病院はもとより地域の専門医療機関およびかかりつけ医と密に連携しながら、肝炎から肝硬変、肝がんを包括的に治療しています。


外来診療

 
診察 石井 将太郎
松山 太一
冨口 純
杉 和洋
中田 成紀
久木山 直貴
杉 和洋
石井 将太郎
志茂田 美紀
杉 和洋
松山 太一
久木山 直貴
上野 茂紀
冨口 純
中田 成紀
内視鏡 午前 久木山・上野 石井・志茂田 松山・上野
岡本
浦田・冨口
上野
石井・松山
午後 中田・久木山
上野 (志茂田)
浦田・松山
志茂田 (石井)
中田・冨口
上野 (松山)
中田・石井
冨口
松山・久木山
志茂田
腹部超音波 杉・中田
志茂田
浦田・松山
上野
中田・久木山
冨口
石井・上野
岡本
杉・久木山
志茂田

研究実績

 2019年4月より、全国の日本消化器内視鏡学会専門施設で消化器内視鏡検査・治療情報を登録し、集計・分析することで、医療の質の向上に役立て、患者様に最善の医療を提供することを目指すプロジェクト(JED)に参加しています。
 2003年4月より日本全国の肝臓専門施設で作る国立病院機構肝疾患ネットワーク(肝ネット)に参加し、大量のエビデンスを蓄積してEBMを推進するための共同研究を行っています。院内活動では、患者との教育と交流を兼ねて「肝臓病教室」を毎月第3金曜日に開催しています。2008年年4月より全国でもいち早くC型慢性肝炎インターフェロン治療地域連携クリティカルパスを作成し運用を始め、現在ではインターフェロンフリー療法での運用を行っています。国際医療協力として集団研修コース「肝炎の疫学、予防及び治療」を通 してJICA(国際協力機構)と共に途上国の肝炎専門医師等に対する研修を指導しています。

医療設備

 電子内視鏡LUCERA(4台)のシステムに上部内視鏡はGIF-H260Z、GIF-H260、GIF-Q260(5本)、GIF-Q260J、GIF-Q230(2本)、 GIF-XQ230、GIF-XP260NS、GIF-2T240、JF-260V、TJF260V、CF-H260AZI(2本)、CF-Q260AI(3本)、PCF-Q260AZI、PCF-Q260AI(2本)、CF-230I、PCF-230などで、洗浄器はエンドクレンズ(4台)。また超音波内視鏡はオリンパスEU-ME1、GF-UE260、GF-UCT260、高周波焼灼装置はESG-100(2台)に加え、高周波手術装置VIO 300D-D-APC2です。2013年10月よりリ7台のカバリ・ベッド全てに酸素飽和度と脈拍の監視装置としてコヴィディエンパルスオキシメーターN560を設置しました。これと同時に内視鏡検査に際してプラスティック留置針と生食ロックで静脈ルートを確保し、前投薬をこれまでのホリゾンからドルミカムへ漸次変更しています。上部消化管内視鏡検査の咽頭麻酔は、キシロカインビスカスを廃止してキシロカインスプレーのみに切り替えました。入院患者のみならず外来患者にもリストバンド装着を行い、患者誤認防止に努めています。超音波診断装置は東芝Aplio XG、Aplio 500およびGE LOGIQ E9にAplio i700を増設(以上、診断室据置)、Aloka SSD3500(移動検査・処置用)に東芝Viamo Limitedを増設しました。RFAはCool-tip RFシステムから、RFAシステムEシリーズに更新し、2014年よりバイポーラRFAシステムのセロンパワーを導入しました。2016年4月よりフィブロスキャンによる肝硬度測定を開始しました。超音波検査室はもとより病棟での安全かつ快適な検査・治療環境を提供します。

今後の目標・展望

 近年増加している救急消化器疾患症例に対して、迅速かつ的確に対応できるよう技術の向上と設備の充実を図り、また肝臓病専門施設として、診療内容とスタッフの充実を図りたいと考えています。C型慢性肝炎を中心に地域連携クリティカルパスを用いた診療および勉強会を展開しています。胃がん、大腸がん、肝臓がんにつきましては熊本県がん診療連携パス「私のカルテ」を用いて、患者様に安心して均一な診療が受けられるよう診療連携を進めていきます。胆膵疾患に関しても診断から治療まで包括的な診療の向上を目指しています。

ご案内

 毎週火曜日午後4時より全入院症例検討会、金曜日に内視鏡検査の症例検討会を午後4時より消化器病センター読影室で、金曜日午前7時30分より消化器病カンファレンスを医局カンファレンスルーム1で行っています。 ご参加を歓迎致します。興味ある症例や診断あるいは治療に苦慮する症例があればご紹介下さい。

ページトップへ