心臓血管外科 | 診療部門ご紹介 | 国立病院機構 熊本医療センター

心臓血管外科

心臓血管外科部長からのご挨拶


心臓血管センター長
心臓血管外科部長
岡本 実

 旧国立病院時代からは、心臓病や血管疾患に対する治療を循環器、心臓血管外科がそれぞれ行っていました。同じ疾患を扱う科であるためお互い協力しながら治療に当たっていましたが、2009年9月の新病院移転からは心臓・血管センターとして運営することができるようになりました。ICUから独立したCCUを中心とした集中管理体制ができ、循環器内科と心臓血管外科がチームとなることで心臓大血管疾患の治療の向上がえられ、大血管や末梢血管への治療アプローチも共同しておこなえる体制となっています。


診療内容・特色

 当科では、主に虚血性心疾患、弁膜症、胸部大動脈瘤、急性大動脈解離などの心臓大血管手術、及び腹部大動脈瘤や閉塞性動脈硬化症による下肢バイパスなどの末梢血管手術を行っています。 また、胸部大動脈瘤や腹部大動脈瘤の治療は、開胸手術や開腹手術のリスクが高い方などに対し、低侵襲治療である血管内治療(ステントグラフト内挿術)を積極的に取り入れています。
 さらに、心臓血管センターとして、専門病棟内にCCUを完備しモービルCCUでの受け入れや、救急搬送に対し、循環器内科と共同で診察を行い、24時間体制を行っています。

外来診療

手術日

(冠動脈外科・弁膜症外科・
胸部大動脈瘤外科・
腹部大動脈瘤外科・
末梢血管外科)

岡本 実

(冠動脈外科・弁膜症外科・
胸部大動脈瘤外科・
腹部大動脈瘤外科・
末梢血管外科)

岡本 実
田中 睦郎

手術日

(冠動脈外科・弁膜症外科・
胸部大動脈瘤外科・
腹部大動脈瘤外科・
末梢血管外科)

岡本 実

症例数・治療・成績

 2019年4月1日から2020年3月31日までの手術症例は、開心術 49例 胸部大動脈瘤ステントグラフト挿入術 0例 腹部大動脈瘤手術 20例(ステントグラフト 15例 開腹手術 5例) 下肢末梢動脈手術 10例 その他 24例です。
 胸部大動脈瘤や腹部大動脈瘤症例ではステントグラフト手術を優先しています。

医療設備

CCU 4床、ICU 6床、心臓カテーテル室 2室、心臓超音波装置 3台、IABP 4台 PCPS 2台、モービルCCU 2台

スタッフ紹介

職名/氏名・免許取得年度 専門医・所属学会など 専門分野

心臓血管センター長
心臓血管外科部長
技術開発研究室長
オカモト ミノル
岡本 実

昭和59年

  • 心臓血管外科学会修練指導医
  • 心臓血管外科学会専門医
  • 日本外科学会指導医
  • 日本胸部外科学会認定医
  • 心臓血管外科学会
  • 胸部外科学会
  • 血管外科学会
  • 外科学会
  • 静脈学会
  • 心臓血管外科一般
  • 大動脈外科(胸部、腹部、血管内ステントグラフト治療)
  • 血管外科(末梢動脈)

心臓血管外科副部長
タナカ ムツオ
田中 睦郎

平成14年

  • 心臓血管外科専門医
  • 日本外科学会専門医・指導医
  • 日本集中治療学会専門医
  • 胸部外科学会
  • 救急医療学会
  • 循環器学会
  • 心臓血管外科全般

今後の目標・展望

 当院では心臓血管外科または循環器内科医師が24時間対応することが可能となっており、心臓血管疾患の救急対応のレベル向上を目指していきます。

ページトップへ