脳神経外科 | 診療部門ご紹介 | 国立病院機構 熊本医療センター

脳神経外科

脳神経外科部長からのご挨拶


脳神経外科部長
中川 隆志

 脳神経外科の治療対象疾患は、くも膜下出血、脳内出血、脳動静脈奇形、未破裂脳動脈瘤等の脳血管障害、急性硬膜下血腫、脳挫傷、慢性硬膜下血腫等の頭部外傷、脳腫瘍、顔面痙攣、三叉神経痛等があります。当院は3次救命救急センターであり、脳血管障害と頭部外傷を中心に日常診療を行っています。
 救命救急センター及び脳神経センターには、熊本県内から多くの救急患者様及び紹介患者様が受診されます。手術適応となる患者様も多く、常勤医4名が24時間体制で緊急手術を行っています。くも膜下出血に対するクリッピング術、脳内出血及び急性硬膜下血腫に対する開頭血腫除去術、慢性硬膜下血腫に対する穿頭血腫除去術等、これまで多くの手術を行ってきました。また、くも膜下出血に対するコイル塞栓術、内頚動脈狭窄症に対するステント留置術、急性期脳梗塞に対する血栓回収術等の脳血管内治療も行っています。
 当科は日本脳神経外科学会及び日本脳卒中学会の教育認定施設になっています。また、臨床研究や臨床治験にも携わっており、くも膜下出血後の脳血管攣縮に対する治験薬の実施施設として今年度も臨床治験を行っています。
 これまで培われてきた顕微鏡手術に加え、脳血管内治療を拡充すること及び内視鏡治療を導入することで、安全で低侵襲の手術を目指しています。また、脳血管障害及び頭部外傷の治療の充実を図るためチーム医療に取り組んでいます。何かわからないことがあれば、外来及び病棟スタッフにお尋ね下さい。


診療内容・特色

 脳神経外科は平成6年に開設され、平成9年には日本脳神経外科学会専門医教育認定施設に、平成17年からは日本脳卒中学会専門医認定教育施設に認定され、それぞれの専門領域において研修指導を行っております。脳卒中、頭部外傷などを中心に意欲的に取り組み、「24時間・365日、断らない医療」をモットーとして、常勤医4名が24時間体制で診療及び緊急手術を行っています。
 手術中のMEP、SEPなどの各種モニター類、また、ICG蛍光血管撮影装置等を使用することにより、顕微鏡手術の安全性・確実性が向上されています。脳動脈瘤コイル塞栓術、内頸動脈狭窄症に対するステント留置術、脳梗塞患者における血栓回収術など脳血管内手術も行っています。また、低侵襲手技を目的に局所麻酔下に穿頭術を行い、脳内血腫はもとより外傷性の急性硬膜下血腫、硬膜外血腫についても適応を拡大し、好成績を得ています。

外来診療

大塚 忠弘
中川 隆志
(手術日) 大塚 忠弘
武末 吉広
中川 隆志 大塚 忠弘
宮﨑 愛里

症例数・治療・成績

 病棟は約20名前後が入院し、平成31年度の入院患者は523名で、主な内訳は脳血管障害275名、頭部外傷205名(慢性硬膜下血腫74名を含む)、脳腫瘍14名です。手術数は239件で、主な疾患では開頭手術59件(うち脳動脈瘤手術26件、脳腫瘍 8件、血腫除去術13件等)、穿頭術102件(うち慢性硬膜下血腫74件、脳内血腫6件等)、シャント術12件、頚動脈内膜剥離術9件、その他13件、血管内手術44件(脳動脈瘤コイル塞栓術10件、急性期脳梗塞に対する血栓回収術21件、その他12件)です。


 重症のくも膜下出血患者については、クリッピング術・血管内治療を含めて積極的に対応しています。低侵襲手技を目的に局所麻酔下に穿頭術を行い、脳内血腫はもとより外傷性の急性硬膜下血腫、硬膜外血腫についても適応を拡大しています。外傷性・非外傷性の頭蓋内血腫についても低侵襲を目的に急性期より局所麻酔下でのウロキナーゼ使用による穿頭血腫溶解術を実施しています。いずれの治療も良好な成績を得ており、意識障害が改善することで早期リハビリに可能となっています。


 手術適応となる患者様を優先診療するため、病診連携のもとに内科治療の対象となる入院患者様は早期の転院をお願いしています。また、外来再診の患者様は定期的な画像フォロー以外については、かかりつけ医の先生へ逆紹介させていただきます。かかりつけ医がない患者様については当院からご紹介させていただきます。全ての手術について、自然歴、治療方法、治療リスクなど丁寧に説明し、慎重に手術適応を判断します。

年度別入院患者数の推移
年度別入院患者数の推移


年度別手術件数の推移
年度別手術件数の推移

医療設備

定位脳手術装置、術中超音波脳血流測定装置、頭頸部超音波診断装置、頭蓋内圧・脳温モニター装置、
神経内視鏡装置、ICG蛍光血管撮影装置、誘発筋電図(MEP)、血管吻合訓練用模型、吻合訓練用卓上顕微鏡、 神経内視鏡訓練用模型

スタッフ紹介

職名/氏名・免許取得年度 専門医・所属学会など 専門分野

脳神経外科部長
ナカガワ タカシ
中川 隆志

平成17年

  • 日本脳神経外科学会専門医、指導医
  • 日本脳卒中学会専門医
  • 日本脳神経外科コングレス
  • 日本脳神経血管内治療学会
  • 日本脳循環代謝学会
  • 厚生労働省認定臨床研修指導医
  • 脳血管障害
    (脳血管内治療)
  • 頭部外傷
  • 脳腫瘍

脳神経外科医長
タケスエ ヨシヒロ
武末 吉広

平成20年

  • 日本脳神経外科学会専門医
  • 日本脳神経外科コングレス
  • 日本脳卒中学会
  • 日本間脳下垂体腫瘍学会
  • 日本神経内視鏡学会
  • 脳血管障害
  • 頭部外傷
  • 脳腫瘍

脳神経外科医師
ミヤザキ アイリ
宮﨑 愛里

平成29年

  • 日本脳神経外科学会
  • 日本脳神経外科コングレス
  • 脳血管障害
  • 頭部外傷

脳神経外科特別診療役
オオツカ タダヒロ
大塚 忠弘

昭和55年

  • 日本脳神経外科学会専門医、指導医
  • 日本脳神経外科コングレス
  • 日本頭蓋底外科学会
  • 脳神経外科手術と機器学会
  • 厚生労働省認定臨床研修指導医
  • 脳血管障害
  • 頭部外傷
  • 脳腫瘍

今後の目標・展望

 これまで培われてきた顕微鏡手術に加え、脳血管内治療を今後さらに拡大すること及び内視鏡治療を導入することで、より安全で低侵襲の治療を目指します。一方で、手術症例が限られる昨今、若い医師にとってマイクロサージェリーに対するシミュレーション環境の整備は大変重要な課題です。当科では、微小血管吻合用の手術顕微鏡(架台式1台、卓上型4台)と周辺機器・材料が完備され、内視鏡手術訓練模型も整備されています。若い脳神経外科医に限らず、日々のトレーニングを通して、手術技術が一層向上されるように努力しています。
 臨床研究については、無症候性微小脳出血(microbleeds)に関する研究として国立病院機構政策医療ネットワーク循環器疾患共同研究(平成17-19年度、主任)、国立病院機構EBM推進のための大規模臨床研究(平成20-23年度、主任)、また国立病院機構ネットワーク研究として未破裂脳動脈瘤の増大・破裂危険因子に関する研究(平成26-29年度、共同研究者)などを行いました。臨床治験に関しては、クラゾセンタン/ACT-108475 くも膜下出血後の脳血管攣縮予防治験の第3相試験に実施医療機関として参加しています。今後一層の脳卒中及び頭部外傷の治療の推進充実を図りたいと思います。

ページトップへ