麻酔科 | 診療部門ご紹介 | 国立病院機構 熊本医療センター

麻酔科

診療内容・特色

1.手術・麻酔

 当院では、多くの科の手術が行われています。手術侵襲が少なく、回復が早いとされる内視鏡下の手術にも対応しています。救命救急センターが併設されており、外傷、腹膜炎、脳出血などの緊急手術も多く施行されています。安全な麻酔を行うために高度な呼吸・循環モニターを導入しており、患者様に安心していただける手術室環境を整えています。また、術後疼痛緩和のために、硬膜外鎮痛法や持続静脈内鎮痛薬投与法、最近では超音波装置を使用した、より安全な末梢神経ブロックによる術後鎮痛なども積極的に取り入れています。


2.ICU

 院内の重症患者、大手術後患者および救急外来からの重症患者を管理する6台のベッドがあります。急性期を乗り切るまで、各科協力して集学的な治療を行っています。

今後の目標・展望

 本院は、各専門医の診断治療の上で各種の手術に対応できる総合病院です。優秀な人材と高度な医療機器を備えて問題解決に努力しています。手術に関わる医療スタッフの質の向上については、日本麻酔科学会が認定する “周術期管理チーム”制度が開始されており、当院でも積極的に認定を受けるようスタッフに指導しています。麻酔科医は、手術中はもちろんのこと、手術センターの効率的で安全な運営、術後鎮痛、術前の禁煙指導など手術を受ける患者さんの早期回復のために積極的に関与しています。また、救急医療の面でも医師・スタッフ全員でチーム医療を実践し、信頼される病院を目指します。

ページトップへ