麻酔科 | 診療部門ご紹介 | 国立病院機構 熊本医療センター

麻酔科

麻酔科部長からのご挨拶


麻酔科部長
手術センター長
瀧 賢一郎

 皆さんが手術医療を受けることになった際には、いろいろな不安が頭に浮かぶことでしょう。まずは手術自体が成功してほしい、痛みや合併症が怖い、医療費が高額になるのではないかなど様々だと思います。当院では手術内容の説明だけでなく、術前に皆さんに取り組んでいただくこと、麻酔・リスクの説明、退院するまでの道筋を患者さんやご家族と情報共有し、理解していただくことから始めています。
 現代の手術医療は、手術を担当する医師だけでよい結果が得られるわけではありません。当院は、現代的な手術センターおよび設備を10室有し、最新の知識をもった麻酔専門の医師、手術看護師、臨床工学技士、薬剤師、診療看護師がチームを組み、皆さんの体の状況を把握した上で個人個人に適した安全かつ最良の医療を受けてもらえるようサポートいたします。皆さんの手術が成功し、回復を願うスタッフが日々努力し続けています。


診療内容・特色

手術・麻酔

 当院では、多くの科の手術が行われています。手術侵襲が少なく、回復が早いとされる内視鏡下の手術にも対応しています。救命救急センターが併設されており、緊急手術も多く施行されています。安全な手術・麻酔を行うために高度な呼吸・循環モニターを導入しており、患者様に安心していただける手術室環境を整えています。また、術後疼痛緩和のために、硬膜外鎮痛法や持続静脈内鎮痛薬投与法、超音波ガイド下のより安全な末梢神経ブロックによる術後鎮痛なども積極的に取り入れています。

外来担当医

宮崎 直樹
(麻酔相談、緩和
術前診察)
  森永 真矢
(麻酔相談、
術前診察)
  古庄 千代
(麻酔相談)

医療設備

当院の手術センターは10室を有しています。また、RALS室、アンギオ室での全身麻酔に対応できます。

今後の目標・展望

 当院の手術センターでは専門医による様々な手術・麻酔がおこなわれています。地域医療の中核病院として、手術を受けられる皆様の満足度と安心を第一に考えています。優秀な人材と高度な医療機器を備えて最新の医療を提供できるように努力しています。手術に関わる医療スタッフの質の向上を目的に日本麻酔科学会が主催する “周術期管理チーム”制度を活用し、当院でも積極的にスタッフが認定を受けています。麻酔科医は、手術中の麻酔はもちろんのこと、手術センターの効率的で安全な運営、術後鎮痛、術前からの禁煙指導など手術を受ける患者さんの早期回復のために積極的に関与しています。残念ながらペインクリニック外来は現在開設していません。今後の病院に期待される手術センターのありかたを常に考え、スタッフとともに歩んでまいります。

ページトップへ