救急科 | 診療部門ご紹介 | 国立病院機構 熊本医療センター

救急科

救命救急部長からのご挨拶


救命救急部長
原田 正公

 国立病院機構熊本医療センター救命救急センターは、宮崎久義院長(現在名誉院長)、池井聰副院長・救命救急部長(現在名誉院長)のご尽力により2003年8月に認可されました。高橋毅救命救急センター長(現在院長)が中心となり、全職員で救命救急医療に取り組んでまいりました。2017年4月より原田正公が救命救急センター長を引き継ぐこととなりましたが、これからも変わらず、全職員で救命救急医療に取り組んでまいりますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。
 救命救急センター外来には、日々多くの重症な患者様が救急現場や他医療機関から搬送されます。また、熊本県防災消防ヘリ「ひばり」の支援病院として365日体制でフライトドクターが院内待機し、ヘリコプターによる病院前救急医療を行っております。時間外に自家用車などで受診された患者様については、専任看護師が中心となりトリアージを実施し、緊急度の高い患者様を優先した初期診療を行っております。
 入院が必要な患者様は、それぞれの当該診療科に診療が引き継がれ、各診療科での専門的な診療が継続されます。特に重症な患者様は、濃厚な看護やケアが必要となりますので、集中治療室や救命病棟での治療が行われます。救命救急科では重症呼吸不全、急性中毒、敗血症性ショック、多発外傷などの重症患者様の集学的治療を行っております。_超急性期~急性期以降も診療継続が必要な患者様については、亜急性期以降は一般病棟への転棟または他病院への転院の上、診療が継続されます。


診療内容・特色

 当救命救急センターでは「全職員をあげて24時間365日体制で断らない救命救急医療」を基本理念に揚げ、病院全体で救急医療に取り組んでおります。救急外来では救急科医師や各診療科当番医を中心に救急患者の初期診療を行います。心停止、脳卒中、重症外傷、急性中毒、各種ショック、敗血症、多臓器不全などの特に重症な患者様は救命救急センターやICUなどで集学的治療を行います。ある程度安定した状態になられた患者様は一般病棟に転棟し、退院や転院までの治療を継続します。
 救命救急・集中治療部(救急科)では、心停止後症候群、急性中毒、敗血症、重症呼吸不全、多臓器不全、多発外傷などの集学的治療を要する患者、複数診療科にまたがる内因性疾患患者などの入院診療を行っております。
 詳細は救命救急センターホームページをご覧下さい

外来診療

原田 正公
櫻井 聖大
北田 真己
山田 周
清水 千華子
渋沢 崇行
狩野 亘平
深水 浩之
松尾 悠史
原田 正公
櫻井 聖大
北田 真己
山田 周
清水 千華子
渋沢 崇行
狩野 亘平
深水 浩之
松尾 悠史
原田 正公
櫻井 聖大
北田 真己
山田 周
清水 千華子
渋沢 崇行
狩野 亘平
深水 浩之
松尾 悠史
木村 文彦
原田 正公
櫻井 聖大
北田 真己
山田 周
清水 千華子
渋沢 崇行
狩野 亘平
深水 浩之
松尾 悠史
原田 正公
櫻井 聖大
北田 真己
山田 周
清水 千華子
渋沢 崇行
狩野 亘平
深水 浩之
松尾 悠史
宮内 大介

医療設備

 日本救急医学会指導医指定施設、日本集中治療医学会集中治療専門医研修施設、日本高気圧環境潜水医学会認定病院、日本熱傷学会専門医認定研修施設、日本外傷学会専門医研修施設、日本航空医療学会認定指定施設の学会施設認定を受けております。その他、行政からは地域災害医療センター(災害拠点病院)、熊本県地域救急医療体制支援病院の指定を受けております。


 心原性ショックに対する経皮的心肺補助、大動脈内バルンポンピングなどの循環補助、急性腎不全・重症急性膵炎などに対する持続的血液ろ過透析、敗血症や中毒に対する吸着式血液浄化、急性肝不全や重症中毒に対する血漿交換、心停止後症候群・重症脳障害・熱中症などに対する目標体温管理、出血性ショックに対する加温急速輸血、人工膵臓を用いた血糖管理、熱傷ベッドを用いた熱傷患者管理、重症患者に対する非侵襲的血行動態モニタリングを用いた循環管理、各種適応疾患に対する高気圧酸素治療(第一種)などを行うことが可能です。

今後の目標・展望

 日々高度化する救命救急・集中治療の最新技術を取り入れながら、センター理念である「全職員をあげて24時間365日体制で断らない救命救急医療」を実践できるよう、全職員を挙げて取り組んでまいります。


詳細は 救命救急センターホームページをご覧下さい
↓            ↓
救命救急センターホームページ

ページトップへ