血液内科 | 診療部門ご紹介 | 国立病院機構 熊本医療センター

血液内科

血液内科部長からのご挨拶


血液内科部長
河北 敏郎

 血液内科では主に白血球、赤血球、血小板という血液の成分に異常が起こる病気の診療を行います。具体的には貧血や血小板減少症などのように外来で治療可能なものから、白血病や悪性リンパ腫などの命に関わるものまで、幅広い病気が含まれます。
 血液の病気は胃や肺などと比較して少ないためどの病院にでも専門医がいるわけではありませんが、当科は様々な病状や年齢の方に365日いつでも対応可能な熊本県で最大規模の血液内科です。特に白血病などの難しい病気に対して行われる同種造血幹細胞移植に関しては、熊本県で行われる約80%を当院が担当しており他院血液内科からもご紹介いただいています。また、新規薬剤の治験も多数行っており必要に応じてご提案しています。
 血液の病気は10歳台の若い方から高齢者まで幅広い年齢で発症しますので、それぞれの方に適した治療方針をご本人、ご家族とともにしっかりと考えることが重要です。今後もスタッフ一丸となって一人でも多くの方により良い治療を受けていただける診療を目指してまいります


診療内容・特色

 血液各種疾患の診療を行っています。
 当科の特徴として、1993年から成人における同種造血幹細胞移植に取り組んでおり、日本骨髄バンクおよび日本臍帯血バンクの認定施設です。当センターは小児科も骨髄移植を行っており、造血幹細胞移植センターとして機能しています。日本血液学会認定指導施設、エイズ拠点病院担当科です。

外来診療

毎日血液内科担当医2名が外来を行っています。

午前 日高 道弘
河北 敏郎
原田 奈穂子
三井 士和
榮 達智
井上 佳子
日高 道弘
平野 太一
原田 奈穂子
窪田 晃

塚本 敦子



医療設備

 15床の無菌個室からなる移植ユニットを有し、さらに重症個室にも2床の無菌病室を備えました。さらに2015年2月に4床室2室、2016年および2018年にもそれぞれ4床部屋1室と計16床がクリーンルームに改装されました。これにより33床のクリーンルームを備えることになり移植などの血液疾患の診療環境は飛躍的にグレードアップしました。

今後の目標・展望

 造血幹細胞移植センターとしてさらなる充実を図り、従来の血縁間移植、骨髄バンクドナー方の移植のみならず、臍帯血移植やHLA不一致移植、高齢者に対する移植に積極的に取り組みます。さらに移植の安全性を高めるために合併症の低減を図り、難治血液疾患の治癒率を改善します。インフォームドコンセントやクリティカルパスを充実し、患者と医療スタッフが協力して治療に取り組む体制を作り上げます。また、移植後の様々な慢性期合併症に対しても十分なフォローアップ体制を築いてゆきます。院内の他科とも協力して新たな分野での再生医療、移植医療にも積極的に取り組んで行く予定です。

ページトップへ