臨床検査科 | 診療部門ご紹介 | 国立病院機構 熊本医療センター

臨床検査科

臨床検査科の紹介

臨床検査科の理念

  • 患者様の立場に立ち検査を行う。
  • 迅速で正確な検査データを提供できるよう常に努力する。


臨床検査技師長
江角 誠

 臨床検査科は医師2名(部長1名、科長1名)、臨床検査技師31名、事務助手1名で構成されています。臨床検査は患者様から採取した血液・尿などを用いて行う検体検査と、直接患者様に接して行う生理検査に大別されます。検体検査は主要な分析装置を2台体制とし、トラブルによる結果報告遅延に対処しているほか、遺伝子関連を含む殆どの検査項目を当日報告としています。生理検査では心電図検査や呼吸機能検査を始めとして、超音波検査では各種認定資格取得技師が業務に当たり迅速な結果報告を行っています。「24時間365日断らない救急医療」に貢献すべく、24時間体制で全ての患者様に迅速に正確なデータを提供できるように日々努力いたしております。



副臨床検査技師長
安藤 諭吉

 臨床検査科では、臨床側からの要望に柔軟に対応し、高度な医療提供を支援する臨床検査のため専門知識を有する臨床検査技師が患者様の救命に必要な検査を昼夜問わず、迅速かつ信頼性の高い検査を検査機器の管理徹底により、質の高い信頼できるデーターが提供できるように日々努力しています。


検査を受けられる方へ

検査についてさらに知りたい方は、こちらを参照してください。
  「なるほど・ザ・検査 ミニ知識」 pdf



ページトップへ