腎臓内科 | 診療部門ご紹介 | 国立病院機構 熊本医療センター

腎臓内科

腎臓内科部長からのご挨拶


腎臓内科部長
梶原 健吾

 腎臓は体の恒常性を保つ臓器であり、血液の監視を行っているとても大切な臓器です。血液をろ過することから、ナトリウム、カリウム、カルシウム、リンといった電解質コントロール、体の中で産生される酸を排泄して中性に保つ、毒素の排泄をおこなって尿毒症を防ぐ、もちろんむくみが起きないように水分をコントロールするといった働きがあります。イメージしにくいかもしれませんが、腎臓は塩分を調節できる唯一の臓器であるため、血圧は腎臓でほぼ調整されます。からだの酸素濃度が薄くなった時に造血をうながすホルモンを分泌してヘモグロビン調節を行うのも腎臓ですし、動脈硬化や骨粗鬆症に影響を与える臓器でもあります。かなり幅広い領域に腎臓は関与しており、われわれはその領域について疾患の診断・治療をお手伝いしていきます。(具体的には下に列挙しておりますので参考にされてください。) 
 この腎臓疾患は働き盛りの若い人から高齢者まで幅広い年齢で発症します。ひとりひとりの人生によりそった治療方針をみなさん・ご家族と一緒に考えてご提案していきたいと思います。心配なこと、不安なことがあれば遠慮なくおっしゃってください。
 スタッフ一丸となって一人でも多くの方により良い治療を受けていただける診療を目指してまいります。また、腎臓病はながいお付き合いになる病気です。かかりつけ医さんとのスクラムが欠かせません。強力なスクラムを組んで一緒にサポートしていきますので、ぜひご相談ください。

診療内容・特色

 日本高血圧学会認定施設、日本腎臓学会研修施設、日本透析医学会認定施設です。熊本市役所やCKDかかりつけ医と連携し慢性腎臓病(CKD)対策にも力を入れております。
 緊急を要する患者様については夜間休日もオンコール制をとっており、365日・24時間体制で対応しております。

当院腎臓内科では、

高血圧(本態性高血圧、二次性高血圧、加速型悪性高血圧、妊娠高血圧)、
電解質異常(ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リンなど)、
急性腎障害(AKI、ARF)、
急速進行性糸球体腎炎、
腎臓のからむ膠原病(血管炎(ANCA、GBMなど)、SLE、強皮症、サルコイドーシスなど)、
慢性糸球体腎炎、間質性腎炎、ネフローゼ症候群、
高血圧や糖尿病による慢性腎臓病、
慢性腎臓病の急性増悪、保存期慢性腎不全

の診療をおこない、なるべく透析を回避・先送りできるように集学的治療を行っています。また、特殊な血液浄化療法(血漿交換、持続的血液ろ過透析など)も積極的に施行しています。
 透析が必要になる患者さんにおいては、原則的に血液透析・腹膜透析どちらにも対応しており、安定したところでどちらの透析方法においても、 ご希望のかかりつけ医をご紹介いたします。
 血液透析患者さんにおけるアクセストラブルにも対応しております。なるべく親身にご希望により沿って、長生きを考慮したアクセスの作製・維持を速やかに施術するように心がけています。また、当院がいろいろな診療科を備えている救急病院のため、いろいろな合併症を持つ透析患者さんの透析応援についても常時対応しています。

外来診療

梶原 健吾 富田 正郎
伊達 亮佑
中村 朋文 松永 英士 富田 正郎

症例数・治療・成績

平成31年度

【透析】
血液透析
腹膜透析患者導入
新規導入血液透析患者
急性腎不全透析施行(離脱)数
6,957件
6名
67名
38名
【その他の血液浄化】
持続的血液濾過透析(CHDF)
PMX
GCAP
PE
308回
22回
79回
91回
【手術件数】    259件
内シャント作成術
人工血管グラフト内シャント術
上腕動脈表在化術
感染グラフト抜去術
シャントデクロティング術
シャント結紮術
CAPDカテーテル挿入術
同抜去術
長期留置カテーテル抜去術
その他
121件
44件
19件
4件
25件
11件
6件
4件
23件
2件
【血管造影件数】  554件
シャント造影&/orPTA
長期留置用カテーテル留置術
502件
52件
【腎生検】      61件

医療設備

同時透析20台、CHDF機器5台、血漿交換機器1台

スタッフ紹介

職名/氏名・免許取得年度 専門医・所属学会など 専門分野

臨床研究部長
地域医療研修センター長
治験管理室長
トミタ マサオ
富田 正郎

昭和61年

  • 日本内科学会指導医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本腎臓学会専門医・指導医
  • 日本透析医学会専門医・指導医
  • 日本高血圧学会専門医・指導医
  • 日本救急医学会専門医
  • 日本糖尿病学会専門医
  • 日本プライマリ・ケア連合学会
    認定医・指導医
  • 熊本大学臨床教授
  • 腎臓内科救急・一般
    (血尿・蛋白尿・腎炎・ネフローゼ・腎不全・慢性腎臓病(CKD))

腎臓内科部長
透析室長
カジワラ ケンゴ
梶原 健吾

平成15年

  • 日本内科学会指導医
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本腎臓学会専門医・指導医
  • 日本透析医学会専門医・指導医
  • 日本高血圧学会専門医・指導医
  • International Society of Nephrology
  • American Society of Nephrology
  • European Renal Association
    – European Dialysis and Transplant Association
  • 腎臓内科
    (血尿・蛋白尿・腎炎・ネフローゼ・腎不全・慢性腎臓病(CKD))
  • 血液浄化
  • シャント管理
  • 腹膜透析

腎臓内科医師
ナカムラ トモフミ
中村 朋文

平成23年

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本内科学会指導医
  • 日本透析医学会専門医
  • 日本腎臓学会専門医
  • 腎臓内科 (血尿・蛋白尿・腎炎・ネフローゼ・腎不全・慢性腎臓病(CKD))
  • 血液浄化
  • 腹膜透析
  • シャント管理

腎臓内科医師
マツナガ エイジ
松永 英士

平成26年

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本透析医学会
  • 日本腎臓学会
  • 腎臓内科
    (血尿・蛋白尿・腎炎・ネフローゼ・腎不全・慢性腎臓病(CKD))
  • 血液浄化
  • シャント管理
  • 腹膜透析

腎臓内科医師
ダテ リョウスケ
伊達 亮佑

平成27年

  • 日本内科学会
  • 日本腎臓学会
  • 日本透析医学会
  • 腎臓内科 (血尿・蛋白尿・腎炎・ネフローゼ・腎不全・慢性腎臓病(CKD))
  • 血液浄化
  • 腹膜透析
  • シャント管理

今後の目標・展望

 腎臓病を通じて熊本地区の地域医療にさらに貢献してゆくことが当科の理念であり目標です。慢性糸球体腎炎、ネフローゼ症候群や腎臓のからむ膠原病の治療は、最近特に進歩が著しく、生物学的製剤も積極的に対応しています。ステロイドの使用をなるべく軽減できるように免疫抑制薬と組み合わせながら、患者さんごとの治療を組み立てています。2020年の新型コロナウイルスは腎臓内科にとって大きな脅威ですが、各段階・各時点においてベストな治療法を患者さんといっしょに選択していきたいと思います。そして脅威を乗り越えた後でも、この選択で良かったと満足していただけるように努めていきたいと思っています。CKD(慢性腎臓病)対策においても専門医の立場から積極的に取り組み、透析導入になる患者様が1人でも減るように努力しております。

ページトップへ