耳鼻いんこう科 | 診療部門ご紹介 | 国立病院機構 熊本医療センター

耳鼻いんこう科

耳鼻咽喉科部長からのご挨拶


耳鼻咽喉科部長
上村 尚樹

 耳鼻咽喉科部長の上村です。私は2011年3月より当科に勤務しています。2018年9月までは一人で耳鼻咽喉科領域すべてにおいて外来、手術、急患の対応にあたってきました。その間に歯科口腔外科の先生をはじめ、他の外科系診療科の先生のご協力をたくさん頂き、何とかここまでやってこられました。そのような中2018年10月から当科にも1人増員となり、当科で行える治療にも幅が出てきました。耳鼻咽喉科としてさらに幅の広い治療、特に手術ができるよう地道に精進していきます。


診療内容・特色

 耳鼻咽喉科・頭頸部外科領域は、命はもちろん、人が人として人間らしく生きることができるための機能を有している器官や臓器を取り扱う重要な診療科です。
 一般的に耳鼻咽喉科領域全般を扱いますが、なるだけ手術例を中心に診療をすすめており、当科では耳鼻咽喉科ほぼすべての領域に対応しています。耳科領域では慢性中耳炎、中耳真珠腫など、鼻科領域においては副鼻腔手術に加え、アレルギー性鼻炎では、後鼻神経切断術、下鼻甲介骨切除術など手術療法も取り入れています。また頭頸部領域では良性疾患を中心に、悪性疾患では放射線化学療法、手術を組み合わせた集学的治療を行います。ただし、再建手術を必要とする悪性疾患は多くは大学病院へ紹介しています。また、頸部膿瘍、難治性鼻出血、めまい、顔面神経麻痺など耳鼻咽喉科救急疾患にも可能な限り対応しています。
 おかげ様で平成30年10月より1人増員となりました。これまで対応できなかった急患にも少しずつではありますが対応できるようになってきています。
 患者さんと同じ目線で、わかりやすい説明を心がけています。ご本人やその御家族に絵や図を用い、治療に充分納得していただいた上で治療を行います。

 また、当科では紹介状持参の患者さんを診察、治療いたします。従いまして、紹介状の持参のない患者さんは、まず近くの耳鼻咽喉科医院受診をお願いいたします。

外来診療

手術日 上村 尚樹
髙野 若菜
手術日 検査日(午前 再来のみ)
(午後は時に手術)
熊谷 譲(14時~)
上村 尚樹
髙野 若菜

症例数・治療・成績

  平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度 平成30年度
手術症例数 132名 140名 141名 138名 151名 146名
鼓室・鼓膜形成術 8名 5名 5名 6名 3名 2名
内視鏡下副鼻腔手術 35名 43名 34名 38名 39名 32名
頭頚部手術 39名 40名 48名 43名 55名 60名
(うち唾液腺腫瘍) (19名) (19名) (17名) (17名) (17名) (22名)
口蓋扁桃摘出 27名 31名 21名 18名 18名 21名
喉頭微細手術 13名 10名 21名 10名 13名 12名

スタッフ紹介

職名/氏名・免許取得年度 専門医・所属学会など 専門分野

耳鼻いんこう科部長
ウエムラ ナオキ
上村 尚樹

平成8年

  • 医学博士
  • 日本耳鼻咽喉科学会専門医
    ・指導医
  • 日本耳鼻咽喉科学会補聴器適合
    判定医師
  • 日本気管食道科学会専門医
  • ICD:インフェクションコントロール
    ドクター
  • 臨床研修指導医
  • 耳鼻咽喉科全般
    (おもに頭頸部外科)

耳鼻いんこう科医師
タカノ ワカナ
髙野 若菜

平成25年

  • 日本耳鼻咽喉科学会
  • 耳鼻咽喉科一般

耳鼻いんこう科医師
クマガイ ユズル
熊谷 譲

平成11年

  • 日本耳鼻咽喉科学会専門医
  • 日本耳鼻咽喉科学会補聴器相談医
  • 日本気管食道科学会専門医
  • 耳鼻咽喉科全般

今後の目標・展望

 これまで通り、患者さんそして開業医の先生方の信頼を得つつ、また十分に連携を取りながら、診療をすすめて参ります。
 当科では耳鼻科のみならず、眼科との涙道手術(内視鏡下DCR)、消化器内科との早期下咽頭癌に対するELPS、また喉頭気管分離術など他院ではあまり行われていない手術も手掛けています。
 耳鼻咽喉科医が新たに一人増員となり、今まで私ひとりであった耳鼻咽喉科にも新しい風を吹き込んでくれています。ますます活気のある耳鼻咽喉科診療を目指し、また学会参加で知識、手術技術の研鑽を積み、患者さんへ還元していきます。
 そしてやはり 『地道に精進』 。この言葉を忘れず癌治療、救急疾患等幅広く様々な疾患に挑んでいきます。よろしくお願いいたします。

ページトップへ