前立腺を切除しない密封小線源治療 ブラキセラピー | 診療部門ご紹介 | 国立病院機構 熊本医療センター

泌尿器科 | 密封小線源治療 ブラキセラピー

前立腺を切除しない密封小線源治療 ブラキセラピー

泌尿器科部長
 菊川浩明

前立腺を切除しない密封小線源治療 ブラキセラピーとは


治療の様子

 前立腺がんに対し、コンピューターを駆使して3次元的に小線源の留置位置や線量を計算しながら行う精密な放射線治療で、組織内照射と言われます。全摘手術に比べ、尿失禁や男性機能の低下が少なく、入院期間も短期間ですみます。


 麻酔を行い、超音波画像を見ながら会陰(陰嚢と肛門の間)から前立腺に向けて針を刺して、その針を通して線源を前立腺内に挿入します。針を刺入する位置や本数、線源を留置する場所や個数は、3方向から見た超音波画像を使用し、コンピュータ(治療計画装置)で計算して決定します。

 

前立腺に留置されたヨウ素125を密封したシードは約1年間に亘り放射線をがん病巣に照射します。放出される放射線のエネルギーは非常に弱く、そのほとんどが前立腺内で吸収されます。現在まで230例の方がこの治療を受けられ、PSA再発は2例のみです。

 

 2018年7月より放射線性直腸障害(血便・漬瘍等)低減を目的にスペースOARシステム(ハイドロゲルスペーサーゲルスペーサー) を前例に導入しました。これは前立腺と直腸の間にハイドロゲルスペーサーを留置することにより前立腺と直腸を引き離し、直腸線量を低下させる画期的な方法です。ハイドロゲルスペーサーは半年から1年で自然吸収されます。

 

ページトップへ