栄養管理室 | 診療部門ご紹介 | 国立病院機構 熊本医療センター

栄養管理室

栄養管理室長のごあいさつ


栄養管理室長
四元 有吏

 栄養は、欠くことのできない生命の源です。栄養状態が低下した状態では、病気の治療も思うように進まないのではないかと考えています。そのため栄養管理室では、個々の患者様の性別や年齢、摂取能力・病状・病態などの状態に合わせた「1年365日3食 おいしく・やすらぐ食事の提供」を念頭に置きながら、行事食や特別メニューなどをとりいれた献立、調理の工夫に努め、多くの患者さまにご満足いただける質の高い栄養ケアの実践を目指して参ります。


栄養管理室の紹介

栄養管理室の概念
医療人としての自覚を持ち、誠意のある適切、安全な食事の提供、
積極的なチーム医療への参画による質の高い栄養管理を目指す

適切な食事の提供
安全な食事を提供することは勿論、医師の診断による食事処方のもとに疾病の治療又は病状回復の促進を図ることを目的に、症状に応じた適切な食事、患者の身になって癒しに繋がる美味しい食事を提供する。
栄養管理
精度の高い栄養管理を目標に給食の質の向上、チーム医療としての臨床栄養管理の推進を図り治療に貢献することを目指す。
栄養教育
栄養指導により、正しい知識を習得させ、ふさわしい食行動の習慣化を図り疾病の進展防止、再発予防など家庭での自己管理を目指す。

ページトップへ