臨床研修の特徴 | 国立病院機構 熊本医療センター

臨床研修の特徴

1. 豊富な臨床症例を研修します
 当院は救命救急医療と高度先進医療を担う急性期総合病院であり、すべての診療科が協力して診療に当たっています。診療科間の垣根が低く、互いに気がねなく相談できる自由な雰囲気が当院の特徴です。それぞれの分野で適切なアドバイスを受けながら、豊富な症例を経験することができます。

2. 日本有数の救急車搬入実績を持つ 救命救急センター でプライマリケアを実習します
 
年間約10,000台の救急車を受け入れており、外来救急受診者数も年間20,000名を超えています。プライマリケアに必要な救急患者を数多く経験することができます。 また、外科および救急部スタッフによる外傷セミナーも定期的に開催しています。

3. シュミレーション・モデルを用いたスキル・トレーニングを行います
縫合、中心静脈カテーテル挿入、胸腔穿刺などの侵襲的な処置の技術習得のため、シュミレーション・モデルを用いたスキル・トレーニングを積極的に行なっています。

4. 北米型レジデント研修への取り組みをしています
当院では、毎年北米からレジデント教育の専門家を招聘し、研修の質の向上に努めています。

5. EBM教育に取り組んでいます
EBMのバイブルと言うべき’Up-to-date’が院内LANで整備されていますから、医局・病棟・外来で自由に活用できます。また、EBMセミナーも定期的に行っています。

6. 充実した卒後研修システムが有ります
地域医療研修センターでは、年間2500回にも及ぶ研修会を開催しており約5万人の医師・医療スタッフが臨床に即した最新の医療情報を学習しています。これらの研修に自由に参加できますし、教育的CPCでは、研修医が中心となって徹底した症例分析を行っています。また、毎週木曜日の朝はプライマリケアに即した二の丸モーニングセミナーを行っています。

7. 積極的に学会発表を行います

当院では臨床研究部を中心に積極的に臨床研究を行っています。研修医の方々も積極的に研究・学会に出張し、発表しています。また、北米の指導者を招いたときは、必ず英語の症例発表を行い、コミュニケーション能力を高めるようにしています。

8. 国際医療協力に参加できます

世界中の国から医師、看護師、コメディカルスタッフが当院を訪れ、研修しています。これらの国の医療従事者と交流し、見聞を広めることも可能です。

ページトップへ