国際医療協力の歩み | 医療関係の方へ | 国立病院機構 熊本医療センター

国際医療協力の歩み

  • 国際医療協力
  • ごあいさつ
  • 国際医療協力の歩み
  • 国際医療協力事業
  • 国際医療協力による具体的な成果
  • 年表
  • 途上国研修員受け入れ実績

国際医療協力基幹施設

昭和60年4月、蟻田 功氏(前WHO世界天然痘根絶対策部長)が第5代国立熊本病院長に就任され当院は国際医療協力を病院機能の重要な柱として位置づけ、病院全体としての取り組みを開始しました。翌年4月には厚生省の国立病院、療養所再編成計画に基づき、国際医療協力基幹施設としての機能付与を厚生省より認可されました。そして同年7月には国際医療協力の一環として中華民国からの海外技術研修員(医師)を初めて受け入れました。

また、翌昭和62年には当院からの海外派遣第1号として梅木民子看護婦がザンビアに2年間国際協力事業団(Japanese International Cooperation Agency:JICA)の医療技術専門家として派遣されました。昭和63年には海外からの研修生の日本での臨床実習を可能とする臨床修練病院の指定を受けました。

そしてこの年から海外派遣が本格化し、蟻田院長の湾岸戦争時の現地派遣、松村克巳医師(現小国公立病院長)のセネガルへの無償援助による新設病院の調査などが行われました。また、この年に国際医療協力を大幅に発展させる原動力となった財団法人国際保健医療交流センター(Agency for Cooperation in International Health:ACIH)が設立され蟻田院長が顧問に就任されました。

ページトップへ