ごあいさつ | 医療関係の方へ | 国立病院機構 熊本医療センター

ごあいさつ

  • 国際医療協力
  • ごあいさつ
  • 国際医療協力の歩み
  • 国際医療協力事業
  • 国際医療協力による具体的な成果
  • 年表
  • 途上国研修員受け入れ実績

ごあいさつ

国立病院機構熊本医療センター(旧国立熊本病院)は、1985年より国際医療協力を病院の大きな機能として掲げ、国際医療協力の基幹病院として活動してきました。

1986年に初めて個別研修受け入れを開始し、1989年からは当院主催での最初の集団研修コース「血液由来感染症 AIDS・ATL・肝炎B」をJICA(独立行政法人国際医療機構)の後援のもと開始いたしました。その後、集団研修コースは最盛期には9~10種となり、毎年70~80人の途上国医療従事者を受け入れてきました。

1992年10月には、国際医療協力を研究主題とする臨床研究部が設置され、海外研修員との共同研究が開始され、現在まで国際学会発表、英文論文などで多くの成果を報告してきました。1996年には、当院主催の「血液由来感染症コース」をモデルとした集団研修コース「感染症診断」を、エジプト(スエズ運河大学)で開催する第3国研修が開始され、当初より当院から毎年2名の講師を派遣いたしました。

当院との姉妹施設締結が、2000年にエジプト・スエズ運河大学医学部付属病院と、2002年に中国・広西医科大学付属第一病院と、2009年にエジプト・ファイユーム大学医学部付属病院と、同2009年にタイ・コンケン病院となされました。

1986年から2017年12月度まで集団、個別併せて計122か国1602人の研修員を受け入れてきています。また、1987年より現在(2016年4月)まで、技術援助、指導の目的でのべ109回にわたり当院のスタッフを、途上国に派遣してきています。今後も、国際医療協力は当院の大きな柱であり、継続してさらに発展させて行く予定です。

2019年4月1日
国立病院機構熊本医療センター
院長 髙橋 毅

ページトップへ