DMAT | 医療関係の方へ | 国立病院機構 熊本医療センター /medical

令和2年7月豪雨でDMATが活動中

 今回の豪雨では、九州だけでなく全国各所に甚大な被害をもたらしています。
 熊本医療センターでは7月5日早朝からDMATを派遣しています。 第1隊は医師1名、看護師2名、業務調整員1名の計4名で、八代市の熊本労災病院内県南保健医療調整 本部に派遣されました。山田医師が本部長としてDMAT県南活動拠点本部を立ち上げ、各地から派遣 された隊員の統括、現場の指揮を行いました。 原田医師をはじめとした第2隊も県庁DMAT調整本部に交代で派遣され、現在も本部活動を行っています。

 


県南活動拠点本部立ち上げ(熊本労災病院内)


7/5第1回全体会議


現状の説明を行う山田本部長


派遣隊や県庁本部との調整を行う西村看護師


活動内容や情報を記録する松原看護師


県南保健医療調整本部

(熊本労災病院内に保健所等と協働して設置)


7/6本部会議


道路状況と避難者リストを確認


7/6八代地域災害医療対策会議


7/7第2隊へ引き継ぎを行う松原看護師、照屋ロジ


ヘリ派遣から戻った隊から報告を受ける山田本部長


7/7無事に帰院しました

ページトップへ