ご挨拶 – 福田 稠 | 医療関係の方へ | 国立病院機構 熊本医療センター

ご挨拶 – 福田 稠

国立病院機構熊本医療センター
地域医療研修センター運営委員会委員長 福田 稠

独立行政法人国立病院機構熊本医療センター地域医療研修センターは、関係者各位のご支援、ご協力のもと開設32年目を迎えますことに心より感謝申し上げます。

本センターでは「機能分担と情報の共有化により地域全体の医療の質を高め連携体制を強化する」ことをモットーに、医師、歯科医師をはじめコメディカルなどの人材育成や地域医療の発展向上に寄与するため医師の生涯研修をはじめ、薬剤部門、看護部門、医療技術部門の研修を定期的に開催しております。

平成29年度の研修プログラムについては、大変有意義かつ興味深いものとなるよう運営委員会で十分に議論をおこない、これまでの症状・疾患別シリーズを診断と治療 -最新の基礎公開講座- と改めるとともに、特別講演、症例検討会、シンポジウム、歯科研修、臨床薬理、看護セミナー、精神科系救急講座など多岐にわたったものといたしました。

私共は、地域医療の担い手として、また、地域住民から信頼されるかかりつけ医として、高度化する医療機器や日進月歩の医療技術に対処した医療を展開するために、日常の医学医術の研鑽することが必要であります。

先生方はじめ医療従事者の方々が、本研修に多数ご参加いただき所期の目的を達成されますことを祈念いたしまして、挨拶といたします。

ページトップへ