2018年の英語原著論文 | 医療関係の方へ | 国立病院機構 熊本医療センター

2018年の英語原著論文

英語原著論文の紹介

Takeshi Nakashima, D.D.S., Ph.D., Keisuke Maeda, M.D., Ph.D., Kanae Tahira, C.N., Kousuke Taniguchi, D.D.S., Ph.D.,Kumiko Mori, D.D.S., Ph.D. , Hiroyasu Kiyomiya, D.D.S., Ph.D., Junji Akagi, M.D., Ph.D. : Silent aspiration predicts mortality in older adult patients with aspiration pneumonia admitted to acute hospitals. Geriatr Gerontol Int 2018 ; 18 : 828–832.

<Abstract>

Aim: Aspiration pneumonia is a common disease resulting in poor outcomes for older adults. It is known that silent aspiration might lead to aspiration pneumonia, but its role in this is unclear. The aim of the present study was to investigate whether silent aspiration is associated with mortality in aspiration pneumonia patients.
Methods: A multicenter (acute hospital) study including 170 aspiration pneumonia patients was carried out. Cough latency time after inhalation of 1% citric acid mist was used to assess silent aspiration. Patients were divided into two groups: silent aspirator (SA) and no-SA groups based on the latency time of ≥29/<29 s.
Results: The mean age of the participants was 84.0 ± 8.8 years. A total of 82% of them had moderate aspiration pneumonia. A total of 99 (58.2%) patients were in the SA group. Silent aspiration patients were more likely to be inactive compared with those in the no-SA group (Barthel Index score 5 [IQR 0–45] vs 30 [IQR 5–65], P = 0.023) and had worse oral conditions (Oral Health Assessment Tool score 5.3 ± 3.2 vs 3.8 ± 3.1, P = 0.003). Nine of the SA patients and one of the no-SA patients (P = 0.047) died within a month. Multivariate regression analysis showed that silent aspiration was associated with mortality after adjusting for confounders (odds ratio 2.65, 95% CI 1.01-6.98, P = 0.049).
Conclusions: Silent aspiration detected by a cough latency test can predict 1-month mortality in older patients with aspiration pneumonia. More studies are required to investigate whether enhancing cough reflex treatments would help patients recover from aspiration pneumonia.

<タイトル>
急性期病院における誤嚥性肺炎入院患者の不顕性誤嚥と関連因子についての検討

<コメント>
 繰り返す誤嚥性肺炎が増加しており、肺炎死亡の増加につながっている。嚥下機能が評価されないまま禁食にされ、栄養不足からサルコペニアになり全身状態を悪化させることによりいっそうの肺炎リスクが増加することや、口腔ケアが十分されず不潔な唾液を誤嚥することによる肺炎リスクが増加することがある。我々は、誤嚥性肺炎患者の予後因子として、不顕性誤嚥に着目して、2016年度に当院と玉名地域保健医療センターで共同研究を行った。
 不顕性誤嚥の検出には、ハンディータイプのネブライザーで行う咳テスト(1%クエン酸生食水吸入)を用いた。LEE らの研究に基づき、咳テストで29秒までに咳が出ない群を不顕性誤嚥群とし、29秒以内に咳が出た群をコントロール群とした。
 65歳以上の誤嚥性肺炎で入院した患者170名について不顕性誤嚥群とコントロール群を比較した結果、不顕性誤嚥群では予後が悪い可能性があるという結果を得た。また、不顕性誤嚥において「口腔内の状態が悪いこと」「日常の活動性が低いこと」「初期抗生剤の種類」の3つに有意差があり、不顕性誤嚥の予後との関わりがある可能性があるという結果を得た。
 誤嚥性肺炎患者の入院時に簡便な検査である咳テストを行い予後の予想することは、肺炎の治療やケアの方法などの選択のために有意義と考えられた。また、不顕性誤嚥のある患者では口腔ケアを行い、離床を進め日常生活動作の向上を図ることが有用であることが示された。

筆頭著者  歯科口腔外科部長   中島 健

一覧にもどる

ページトップへ