開放型病院連絡会の開催 | 医療関係の方へ | 国立病院機構 熊本医療センター

開放型病院連絡会の開催

平成29年度第2回(通算第44回)開放型病院連絡会が行われました

名越 究先生による特別講演の様子

 平成29年度第2回(通算44回)国立病院機構熊本医療センター開放型病院連絡会を、去る2月24日(土)午後6時30分より、熊本医療センター2階地域医療研修センターにて開催いたしました。
 開会にあたり、髙橋院長より現状報告と日頃の病病・病診連携へのご支援に対し感謝を申し上げました。
 続いて、開放型病院運営協議会委員長で、熊本市医師会会長の福島敬祐先生からご挨拶を頂き、全体会議に移りました。
 全体会議では、大島形成外科部長より「リンパ浮腫外来開設について」、水上小児科部長より「子どもの総合医をめざして」と題しての症例提示が行われました。この後、渡邉地域医療連携室長より「地域医療連携室からのお知らせ」、菊川地域医療連携副室長より「紹介予約センターからのお知らせ」を行い、最後に熊本市歯科医師会会長の宮本格尚先生のご挨拶を理事の有働秀一先生に代読して頂き、全体会議を終了いたしました。
 続いて、熊本市医師会理事の田中英一先生に座長の労をおとり頂き、厚生労働省医政局総務課医療安全推進室長の名越究先生による特別講演「我が国の医療安全施策の動向」が行われました。
 ご参加いただいた皆さまにおかれましては、お忙しいところ誠に有り難うございました。この会が、登録医療機関様と当院との連携を一層深め、地域医療を益々発展させる機会となれば幸いです。

(庶務班長 毛利安則)


ページトップへ