がん看護専門看護師の役割 | 医療関係の方へ | 国立病院機構 熊本医療センター

がん看護専門看護師の役割

熊本県初!がん看護専門看護師が誕生しました!

地域連携室(がん)相談支援センター配属、緩和ケアチーム専従看護師をさせて頂いております安永浩子と申します。がん患者様やご家族様のケアはもちろん、職員の皆様のコンサルテーションという役割を通して、共に学び成長し、やりがいを感じて楽しく看護やチーム医療ができたらいいなあと思いますので、よろしくお願い致します!

以下にがん看護専門看護師の役割と活動内容を紹介させて頂きますので、是非、リソースパーソンとしてご活用下さい。

がん看護専門看護師(OCNS:Oncology Certified Nurse Specialist)って?
 専門看護師とは、大学院(修士課程)を卒業後、「日本看護協会の専門看護師認定審査に合格し、がん看護分野において卓越した看護実践能力を有することが認められた者」と定義されています。

 例えば、「(副作用も含めて)症状が改善しない」「どう病状を説明したらよいのか」とか「どうケアして良いのかわからない・・・」「これでいいのかなあ?」など、ご相談(コンサルテーション)頂くと、OCNSが直接ケアをしたり、ナースをはじめとする医療従事者へ助言をさせて頂いたり、必要に応じて医療チームメンバーの調整倫理調整を行います。

 その他、教育的役割としましては研修会や事例検討会を開催し、がんの領域の研究に つきましても、相談に応じて参ります。
太字がCNSの役割
活動内容(例えば・・・こんな時ご相談下さい!)
  • 病気や治療の副作用などの症状(疼痛・吐気・嘔吐・呼吸困難・倦怠感・せん妄など)緩和が困難な時
  • 患者の心理的苦痛に対する直接ケアや助言をして貰いたい
  • 家族へのサポートが必要な時
  • 患者と家族の意見が違ってどうしたらよいか・・・
  • がん患者の退院指導や療養環境に関すること
  • 緩和ケアを切り出せない時
  • 倫理的ジレンマ(告知の問題・鎮静・治療の中止や選択の問題など)を抱えている時
  • 研究に関する相談
  • 資格(専門看護師や認定看護師)に関する問い合わせ

など、このような事でお困りの方は、是非お声を掛けて下さい。
(相談してもよいか迷ったらご相談下さい)

連絡先
地域連携室(相談支援センター)
緩和ケアチーム専従看護師 がん看護専門看護師 安永 浩子(PHS 5925)
受付時間
8:30~17:15

ページトップへ