救急医療トレーニングセンター

救急医療トレーニングセンターが2013年4月に開設されました。
2009年度より実施された厚生労働省救急医療対策事業の「救急医療トレーニングセンター運営事業」の補助を2012年度より受けて開設されたものです。

目的

救急医療に対する需要の増大や国民の要求水準の高まりといった近年の救急医療の要請に対応するため、救急医療に関する専門技術の研修等により、救急医療を担う人材の養成、確保を図ること。

研修内容

心肺蘇生法トレーニングプログラム(2009年度〜)

部門責任者:原田正公(救命救急部長)

外傷初期診療トレーニングプログラム(2011年度〜)

部門責任者:原田正公(救命救急部長)、久保田竜生(外科副部長)

海外留学研修(2012年度〜)

部門責任者:原田正公(救命救急部長)

腹腔鏡手術トレーニングプログラム(2013年度〜)

部門責任者:宮成信友(外科部長)

超音波検査トレーニングプログラム(2013年度〜)

部門責任者:藤本和輝(循環器内科部長)

基本的手技・臨床能力トレーニングプログラム(2013年度〜)

部門責任者:原田正公(教育研修科長)

PEEC(2013年度〜)

部門責任者:橋本聡(精神科副部長)

内視鏡検査トレーニングプログラム(2014年度〜)

部門責任者:杉和洋(消化器内科部長)

血管内治療トレーニングプログラム(2014年度〜)

部門責任者:中川隆志(脳神経外科部長)、神崎弥之助(脳神経内科部長)

看護師特定行為トレーニングプログラム(2019年度〜)

部門責任者:日高道弘(副院長)
副部門責任者:内山久美(特定行為研修担当者)、竹下弘子(ICU看護師長)

保有するシミュレーター

高機能マネキン型シミュレーターALSシミュレータ(人形型シミュレータ)(4体)
Sim Man 3G(高機能人形型シミュレータ(1体)
Sim Pad(シミュレータ操作端末)(4機)
Sim View(シミュレータ録画システム)シミュレータ録画システム

ALSシミュレータ ALSシミュレータ
SimMan3G SimMan3G
SimPad

VIMEDIX(超音波検査シミュレータ)(生理検査室仮設置)

VIMEDIX

LAP VR(腹腔鏡手術シミュレータ)
i-Sim(腹腔鏡手術シミュレータ)(4台)

LapVR

バーチャルIV(静脈路確保シミュレータ)

バーチャルIV バーチャルIV

M93B(CV穿刺シミュレータ)

M93B M93B

M43B(腰椎・硬膜外穿刺シミュレータ)

M43B M43B

Mentice VIST-C(血管内治療シミュレータ)

VIST-C VIST-C

AccuTouch System(消化管内視鏡シミュレータ)

AccuTouch System AccuTouch System
TOPへ