災害医療チーム・消防・JR九州 災害実働訓練

JR九州鹿児島本線 植木駅構内にて、列車脱線事故を想定した多数傷病者対応訓練が行われました。熊本市北消防署が計画し、熊本県防災消防航空隊、JR九州熊本支社、熊本保健科学大学と熊本医療センターが参加いたしました。

熊本医療センターからは山田周医師、楯直晃医師、橋上卓明看護師、立山愛香看護師が参加しました。

2019年03月11日