このセミナーは、元々「ナースのための人工呼吸セミナー」という名前で、熊本県医師会、熊本市医師会、国立病院機構熊本医療センターの共催で、昭和61年度から開催しております。県内全域の医療機関から、救急医療分野、あるいは集中治療分野において勤務する看護師が多数参加されておりましたが、多職種連携の重要性を考え、2019年度より「メディカルスタッフのための人工呼吸セミナー」と名前を変えて、より幅広い職種の方...

「救急看護エキスパートナース研修」は、国立病院機構九州グループ主催の研修で、平成22年度より当院で行われております。九州内の国立病院機構病院から多くの看護師研修生が参加し、救急部門の看護師に必要な知識、技術、態度について、講義や演習、実習、ワークショップを通じて学習します。九州全体の救急看護の質の向上と、救急看護ネットワーク構築に大きく貢献しております。

「救急放射線セミナー(救急放射線技師特定技能派遣研修会)」は、国立病院機構九州グループ主催の研修で、平成24年度より当院で行われております。このセミナーは、救急放射線に関する基本的な講義と放射線機器およびPACSを利用した臨床技能研修(読影補助研修・救急検査技術研修・救急医療体験研修)、ならびに実技演習(救急蘇生法等)を行い、救急医療に携わる診療放射線技師の育成と資質向上を目的としています。

TOPへ