看護師特定行為研修 | 国立病院機構 熊本医療センター

看護師特定行為研修

1. 特定行為とは

 診療の補助であり、看護師が手順書により行う場合には、実践的な能力、思考力及び判断力並びに高度かつ専門的な知識及び技能が特に必要とされる行為のこと。

2. 特定行為研修とは

 看護師が手順書により特定行為を行う場合は特に必要とされる実践的な理解力、思考力及び判断力並びに高度化かつ専門的な知識及び技能の向上を図るための研修であって、特定行為区分ごとに特定行為研修の基準に適合するもの(21区分38行為)

3. 特定行為研修の紹介

 当院では、2019年2月21日に特定行為研修指定研修機関の指定を受け、6月より研修を開始することとなりました。
 当院で行う研修は、3区分7行為となっています。

区分名 特定行為名診療科
呼吸器(気道確保に係るもの)関連 経口用気管チューブ又は経鼻用気管チューブの位置の調整
呼吸器(人工呼吸療法にかかるもの)関連 侵襲的陽圧換気の設定の変更
非侵襲的陽圧換気の設定の変更
人工呼吸器管理が成されている者に対する鎮静薬の投与量の調整
人工呼吸器からの離脱
動脈血液ガス分析関連 直接動脈穿刺法による採血
橈骨動脈ラインの確保

研修期間:2019年6月10日(月)~12月27日(金)
募集人員:6名

研修生募集の案内

出願期間:
2019年4月15日(月)~5月7日(火)当日必着(郵送のみ)
試験日:
2019年5月10日(金)
試験科目:
論文試験、面接試験
合格発表:
2019年5月20日(月)
手続期間:
2019年5月22日(水)~5月31日(金)当日必着(郵送のみ)

※募集要項については、こちらをクリックしてください(wordファイル)

01. 2019年度募集要項
02. 出願書類様式1(受講申請書)
03. 出願書類様式2(履歴書)
04. 出願書類様式3(志願理由書)
05. 出願書類様式4(推薦書)

リンク

ページトップへ